過去のベトナム説明会内容

阿部医師によるベトナムでのアクセル+ブレーキ療法®を用いたがん免疫療法説明会が開催されました。

ベトナムでのがん免疫療法説明会1

2016年6月21日から6月24日まで、ベトナムの首都ハノイに行き、当院のアクセル+ブレーキ療法®を用いた、がん免疫療法の説明会をしてきました。ハノイまでは5時間半くらいのフライト時間で、時差は2時間あります。気温は40℃近くあり、日本との気温差は10℃以上ありました。非常に暑かったです。

今回はハノイで医療ツーリズムを行っているインターナショナルIMS社と、ハノイでは数少ない有数の私立病院グループであるホンゴック病院の協力を得て、説明会を開催しました。
定員100名のところに、150名以上のがん患者さんが集まり、日本のNHKにあたるベトナムの国営放送も取材に訪れるほどの盛況ぶりでした。すでに来日し、湘南メディカル記念病院で入院治療を受けておられる患者さんもいます。説明会後の質疑応答も1時間以上かかるくらいの盛況ぶりでした。

ベトナムでのがん免疫療法説明会2
ベトナムでのがん免疫療法説明会3

ベトナムの通貨はドンといって、100,000(10万)ドンが500円くらいです。0を3つ取って、5倍すると大体の日本円になります。中国と同じ社会主義国ですが、ドイモイ政策という経済開放政策以来、その経済発展は著しく、道もバイクだらけで、街全体が活気にあふれていました。中国同様、富裕層も多く、新しい治療を求めて来日される方も多いようです。その他、タイやシンガポールなどで治療を受けられる方も多いと聞いています。

ベトナムでのがん免疫療法説明会4

当院でもその反響はすさまじく、9月には経済的により大都市であるホーチミンでの説明会も予定しています。余談ですが宿泊したホテル日航ハノイには、ウォシュレットの便座がありました。海外でウォシュレットの便座を見たのは初めてでしたが、おかげで快適なハノイ滞在となりました。
今回、アクセル+ブレーキ療法®の本も幻冬舎から出版しましたが、日本のみならず海外でもこのいい治療法を説明会を通して広めていきたいと考えています。

関連するコラム

当院で受けることが出来る免疫チェックポイント阻害剤

  • ニボルマブ(抗PD-1抗体)

    ニボルマブ(抗PD-1抗体)とは?

    がん免疫療法(NK・T細胞投与)と併用し免疫機能を高めるニボルマブ(抗PD-1抗体)の点滴治療

    詳細はこちら

  • イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)

    イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)とは?

    CTLによるがん(細胞)の破壊する働きを助ける免疫チェックポイント阻害剤

    詳細はこちら

  • 2種類の免疫チェックポイント阻害剤の併用療法

    免疫チェックポイント阻害剤併用療法とは?

    ニボルマブ(抗PD-1抗体)+イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)併用がん免疫療法(NK・T細胞投与)でがんの治癒率が飛躍的に伸びる可能性があります。

    詳細はこちら

  • アクセル+ブレーキ療法®コラム

    免疫療法のアクセル+ブレーキ療法®とは?

    従来の各種免疫細胞の活性化(アクセル)と、がん細胞の反撃を抑える免疫チェックポイント阻害剤(ブレーキ)を併用した新しい治療

    詳細はこちら

湘南メディカルクリニックによる
あきらめないがん治療

まずは、お気軽にご相談下さい。

新宿
0120-798-300
両国
0120-279-219

通話無料 診療時間 AM10:00~PM7:00

よくあるご質問

  • 治療期間はどのくらいですか?
  • 副作用はありますか?
  • 費用はいくらかかりますか?

がん免疫療法(治療)の 湘南メディカルクリニック