よくある質問-実際の受診について-

体調によって治療が受けられない場合もありますか?

免疫療法は副作用のない治療ですが、患者様のお身体の状態により負担が大きくなる場合も考えられます。そのため、下記の点を参考としてご来院下さいませ。
・食事をある程度摂取することができる
・歩行ができる
・無理なく来院ができる
・身の回りのことを自分で行える

化学療法(抗がん剤)や放射線治療との併用は可能ですか?

可能です。但し、化学療法・放射線治療は免疫細胞を含む正常な細胞にもダメージを与えてしまいますので、NK・T投与後は48時間(丸2日間) 空けてからの抗がん剤投与をお勧めしております。なお、抗がん剤のスケジュールは変更する必要がありません。免疫療法の方を変更しますので、当院医師にご相談ください。

がんが転移していますが効果はありますか?

もちろん期待できます。逆に、現時点で転移のあるがんが治癒する最も有効な治療法は、当院の「アクセル+ブレーキ療法®」のみであると断言できます。

現在受診している先生(病院)には説明した方が良いですか?

現在の治療と併用する事になると思いますので、ご理解を頂いた方が理想的です。
免疫細胞療法は非常に注目度の高い治療法ですが、自由診療等々の事由により主治医の先生のご理解を頂けない場合がございます。その場合は患者様の不利益になりますので、患者様のご判断によっては申し出の必要はございません。

相談だけで来院することはできますか?

はい、できます。当院では、患者様が心の内を気軽にお話しできるよう初診無料とさせていただいております。患者様やご家族の方とじっくりとお話しをして、的確な治療のご提案をさせていただきます。

カウンセリングを受けた後希望すれば治療を開始する事は可能ですか?

はい、できます。治療前の検査結果について医師と相談してご納得頂いた上で治療をお受け頂く形となります。

がん免疫療法(治療)の 湘南メディカルクリニック