よくある質問-湘南メディカルクリニックについて-

他のクリニックの治療も含め、様々な種類の免疫療法がありますが、どれが最も有効な治療法なのでしょうか?

当院も樹状細胞ワクチン療法をはじめ、様々な免疫療法を行ってきましたが、30年以上の経験から、 がん免疫療法(NK・T細胞投与)を用いたがん免疫療法が最も効果が高いと判断し、現在はこのがん免疫療法のみを行っております。

湘南メディカルクリニックの免疫療法は他のクリニックと違うのでしょうか?

大きな違いは2点あります。まず、免疫療法創成期からの30年来の経験を有する培養技師の円熟した培養技術を有すること。もう一つは、培養創成期から企業と培養機材の共同開発を行ってきたため、費用が他院様の半額でできることです。

湘南メディカルクリニックは、なぜ免疫療法の提供を始めたのですか?

SBCメディカルグループ統括院長であり、日本再生医療学会 理事長補佐である相川佳之医師による想いでもありますが、がん治療は保険が使えないため、自費診療です。しかも高額な医療として有名です。
実は私たちのクリニックの若い看護師さんが、20代でがんになり、一年半の闘病の末に亡くなってしまったというつらい経験があります。彼女の話を聞きながら、何とか経済的な負担を軽くして、免疫療法を受けさせてあげられないだろうかと考えるようになりました。
若い命をがんで失くしてしまった、スタッフの遺志を酌んで、何とかがん医療にも取り組んで行きたいと考えています。
患者様本人以外はその痛みを100%すべて理解することは難しいのかもしれません。しかし、苦しみをご家族様と同じように共感し、少しでも元気になって頂けるよう治療を行います。

アクセル+ブレーキ療法®とは?

従来型の免疫療法は、免疫細胞に働きかけ攻撃力を高める(アクセル)というものでした。PD-1がない状態ですと、免疫細胞は暴走して自分自身の正常な細胞まで攻撃してしまいます。このことからPD-1が免疫細胞を制御する(ブレーキ)ということが判明しています。
このブレーキというのは、免疫細胞が逆に暴走しないように、自分自身を攻撃しないようにするために非常に必要な分子だということになります。
今後は、ブレーキを外しながらアクセルを踏むという研究が最も重要になります。まずはこのアクセル+ブレーキ療法®をもとに、現段階ではがんに対し最善の治療であり、新しい画期的な免疫療法である『免疫チェックポイント阻害剤併用がん免疫療法』を行っていくことが、現時点のがん治療では最重要事項であると考えます。

がん免疫療法(治療)の 湘南メディカルクリニック