翻訳する en 中国語(簡体) 中国語(繁体) 韓国語 ベトナム語 日本語

肝臓がん

肝臓がんとは

肝臓は成人で800ー1,200g ある体内最大の臓器です。肝臓は、血液をろ過して有害物質を解毒・排出、食物中の脂肪の消化を助ける胆汁を分泌、エネルギーの消費に必要となるグリコーゲン(糖質)を貯蔵したりする働きを担っています。


肝臓のがんは、肝臓にできた原発性肝がんと、別の臓器から転移した転移性肝がんに大別されます。
原発性肝がんは、肝臓を構成する細胞の違いにより、肝細胞がんと肝内胆管がん、その他のまれな種類のがんに分けられます。肝内胆管がんは肝細胞がんとは性質も治療も大きく異なります。以降、この項では、原発性肝がんの90%と大部分を占める肝細胞がんについてご説明いたします。
転移性肝がんは、どこか別の部位の原発がん(たとえば胃がんや大腸がんなど)から肝臓への転移ですので、その原発がんの病期ではステージⅣに相当します。

 

原因

肝臓がんは、肺がんや子宮頸がんと並び、主要な発生要因が明らかになっているがんの1つです。
最も肝心なのは、肝炎ウイルスの持続感染です。ウイルスの持続感染によって、肝細胞で長期にわたって炎症と再生が繰り返されるうちに、遺伝子の突然変異が積み重なり、肝臓がんへの進展に重要な役割を果たしていると考えられています。肝炎ウイルスにはA、B、C、D、Eなどのさまざまな種類が存在していますが、肝臓がんと関係があるのは主にB、Cの2種類です。
日本では、肝細胞がんの約60%がC型肝炎ウイルス(HCV)の持続感染、約15%がB型肝炎ウイルス(HBV)の持続感染に起因すると試算されています。


ウイルス感染以外の肝がんのリスク要因としては、大量飲酒喫煙、さらに食事に混入するカビ毒のアフラトキシンが確実とされています。
また、最近の傾向として、アルコール摂取歴がほとんどない脂肪肝(非アルコール性脂肪肝炎)が原因で肝硬変、肝がん発がんに至るケースが増えてきています。
糖尿病などの生活習慣病との関連も示唆されており、健康診断などで肝機能異常を指摘された場合には、たとえ肝炎ウイルスは陰性であっても、一度専門医を受診することが推奨されます。

 

症状

肝臓は沈黙の臓器とも呼ばれ、がんができてもよほど進行しない限りは症状があらわれません。
進行するとみぞおちに固いしこりを触れたり、破裂すると突然の強い痛みや貧血の進行がみられたりすることもあります。通常は自覚できる症状はほとんどなく、あるとすればそれは肝炎・肝硬変など肝臓障害に由来する症状と考えられます。
それらの多くは食欲不振、全身倦怠感、腹部膨満感などといった漠然とした症状で、肝臓がんを疑う理由としては弱いものです。黄疸や吐下血などは進行した肝硬変の症状であり、肝臓がんの発見に役にたつとはいえません。
B型肝炎、C型肝炎に感染をしても自覚症状がないまま経過することも多くあります。特に症状がない場合でも、一生に一度は肝炎ウイルス検査を受けましょう

 

検査

肝細胞がんを疑う特有の症状はありませんので、普通は何か別の理由で病院へ行き、血液検査で肝障害が発覚、そこからさらに追加の検査や画像診断検査をして、肝臓がんが発見されるというパターンが多いです。
また、健康診断で肝障害がある方が、精密検査で B 型肝炎や C 型肝炎の持続感染者であることが判明し、その後の3~4ヶ月ごとの定期健診で小さな肝臓がんが発見されることもあります。
肝臓がんの検査としては、超音波検査CTMRIなどの画像検査と腫瘍マーカー検査を組み合わせて行います。必要があれば針生検などの検査を追加して行います。

 

治療

肝臓がんの治療方法は、がんの個数進行の程度だけではなく、肝機能の状態なども加味した上で選択する必要があります。
それに加えて、がんの部位、組織型、年齢、既往歴、合併症、臓器の機能や一般的な健康状態に基づいて、慎重に治療の方法を選択します。
肝臓がんの治療方法には、がん免疫療法外科療法経皮的腫瘍焼灼療法(ラジオ波焼灼療法)経動脈塞栓療法放射線療法、抗がん剤による化学療法などがあります。


がん免疫療法

当院では、従来の各種免疫細胞の活性化だけを目的としたアクセル作用だけでなく、がん細胞の反撃を抑えるニボルマブ(抗PD-1抗体)、イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)を併用し、 がん細胞に直接ブレーキをかけることで、より効率よく『がん細胞を死滅』させることができる画期的なアクセル+ブレーキ療法®という治療を実施しております。


外科療法(手術)

肝切除は、がんとその周囲の組織を手術によって取り除く治療です。
肝切除をするかどうかは、がんの位置や大きさ、数、広がり、さらに肝機能の条件などによって決められます。一般に、がんが肝臓にとどまっており、3個以下の場合、がんの位置や肝臓の機能を考慮した上で、肝切除が選択されます。腫瘍の大きさには特に制限はなく、10cmを超えるような巨大なものであっても、切除の適応となり得ます。
一部の肝切除は腹腔鏡手術が可能ですが、適応は限られており、多くは開腹での手術となります。
肝移植は、肝臓をすべて摘出して、ドナー(臓器提供者)からの肝臓を移植する治療法です。
肝切除が適応にならないほど肝機能が低下した肝硬変の場合に選択肢となります。肝がんにおける適応は、転移がない場合に限られます。


経皮的腫瘍焼灼療法(ラジオ波焼灼療法)

体の外から針を刺し、がんに対して局所的に治療を行う療法を経皮的局所療法と呼びます。穿刺療法ともいわれ、手術に比べて体への負担の少ないことが特徴です。
肝臓がんに対する経皮的局所療法で主流となっているのが経皮的腫瘍焼灼療法(ラジオ波焼灼療法)です。
超音波(エコー)で見ながら、腫瘍に針を刺し、ジュール熱を利用したラジオ波により腫瘍の壊死を図る治療で、手術につぐ根治性があります。
焼灼時間は10~20分程度で、腹部の皮膚の局所麻酔に加えて、焼灼で生じる痛みに対して鎮痛剤投与や軽い静脈麻酔を行います。


経動脈塞栓療法

肝動脈塞栓療法は、がんに栄養を運んでいる血管を人工的に塞ぎ、がんに栄養が届かない状態にする治療です。
通常は、血管造影検査に引き続いて行われます。血管造影に用いたカテーテルの先端を肝動脈まで進め、塞栓物質(多孔性ゼラチン粒、球状塞栓物質(ビーズ)、ポリビニルアルコール(PVA)など)を注入し、肝動脈を詰まらせます。
近年では、抗がん剤と肝臓がんに取り込まれやすい造影剤を混ぜてカテーテルを通じて投与し、その後に塞栓物質を注入する、肝動脈化学塞栓療法も施行されるようになってきています。がんの個数に関係なく施行でき、他の治療と併用して行われることもあります。
血管造影に用いたカテーテルから抗がん剤のみを注入する、肝動注化学療法が行われることもあります。

 

肝臓がんの症例を見る

 

 

その他のがん治療

 

 

こちらはがん治療最新情報関連ページでございます。湘南メディカルクリニックは、世界に先駆けて、アクセル+ブレーキ療法®に基づく新しい概念の免疫療法を行っております。この新・免疫療法で治療手段がないと言われた患者様にも希望の光を当てることが当院の強みでございます。なお、こちらのサイトでは、がん毎の治療、再発予防、治療効果、費用治療実績など、がん治療関連最新情報のページも用意しておりますので、ご覧ください。
△ PageTopへ

医療法人 湘美会
湘南メディカルクリニック
がん免疫療法

湘南メディカルクリニックがん免疫療法お問い合わせはこちら

診療時間 AM10:00~PM7:00
新宿 0120-798-300
大阪 0120-719-600
仙台 0120-961-215
名古屋栄 0120-979-784
両国 0120-279-219

がん免疫療法無料説明会日程
新宿

11/25(日) 定員:15名

13:00~(受付開始12:30)

12/8(土) 定員:15名

13:00~(受付開始12:30) お申込みはこちら
大阪

11/18(日) 定員:10名

13:00~(受付開始12:30)

11/25(日) 定員:10名

13:00~(受付開始12:30) お申込みはこちら
仙台

11/25(日) 定員:8名

13:00~(受付開始12:30)

12/9(日) 定員:8名

13:00~(受付開始12:30) お申込みはこちら
名古屋栄

11/15(木) 定員:8名

13:00~(受付開始12:30)

11/17(土) 定員:8名

13:00~(受付開始12:30) お申込みはこちら
両国【予約不要】

11/16(金) 定員制限なし

13:00~(受付開始12:30)

11/23(金) 定員制限なし

13:00~(受付開始12:30) 詳細はこちら

SNS一覧
メディア掲載情報
ドクターズファイル

阿部院長著書情報

 

メニュー一覧

当院・医師について 免疫療法とは
治療料金 免疫療法の実績
がんの種類について よくある質問
クリニック案内 がん治療コラム
がん治療の比較 SNS一覧
メディア掲載情報 メール相談
初診予約 資料請求
がん免疫治療説明会 プライバシーポリシー

湘南メディカルクリニック新宿院院長 阿部医師ブログ湘南メディカルクリニック新宿院FaceBook湘南メディカルクリニック新宿院twitter
Copyright © 医療法人 湘美会 湘南メディカルクリニック がん免疫療法サイト All Rights Reserved.
初診予約
30分無料相談
実施中
メール相談
医師が答える
無料メール相談
資料請求
がん免疫療法の
詳細資料を
お届け

がん免疫療法
無料説明会

  • 新 宿 11/25(日) 12/8(土)
  • 大 阪 11/18(日) 11/25(日)
  • 仙 台 11/25(日) 12/9(日)
  • 名古屋栄 11/15(木) 11/17(土)
  • 両 国 11/16(金) 11/23(金)