乳がん治療

乳がんとは

乳がんとは、乳管から発生する悪性の腫瘍のことです。
最近では乳がんにかかる患者さんがとても増加しており、乳がんの死亡率も上昇しています。
2016年の統計では大腸がん、肺がん、膵臓がん、胃がんなどの病気に次いで、乳がんは5位となっています。
乳がんは女性だけがかかるがんだと思われがちですが、男性が発症することもあります。
男性の場合の確率は女性に比べ、100分の1程度ととても低くなります。ただ、女性に比べて他の組織に転移しやすいので注意が必要です。

コミュニケーションの重要性

乳がんの治療法として例を挙げると、手術という選択肢があります。
手術は、患者さんの納得し決断した方法で進めていきますが、乳房を残すのかどうか、という究極の選択を迫られることがあります。
この選択をするには、医師と患者さんのコミュニケーションがとても大切になります。

原因

乳がんとは、女性の11人に1人がかかると言われていて、他の癌と同じ遺伝子の病気です。
細胞の遺伝子になんらかの異常が蓄積することにより病気が発症します。

乳がんは2種類に分けられます。
一つは乳管から発生する「乳管がん」、二つ目は、小葉から発生する「小葉がん」があります。
これらは、女性ホルモンの 「エストロゲン」というものが関係していると考えられています。
女性には、定期的な月経や出産などにより、女性ホルモンの分泌が促進されたり抑制されたりします。
乳がんの発症には、出産経験の有無や、出産時の年齢などが関連するといわれております。
近年は未婚や高齢出産が増加しているため、患者数も増加傾向にあります。

生活習慣との関連性

昨今、食の欧米化により、偏った食事をする人は少なくないと思いますが、乳がんの発症には食生活も大きく関係していると指摘されています。
今では欧米のジャンクフードなど、日本では当たり前に食べるようになりましたがこの食生活のおかげで乳がんの発症リスクを高めると言われています。
偏った食生活で高脂肪になり、飲酒や喫煙・運動不足などをまねきます。

遺伝子変異の関連性

乳がんは、生まれ持った遺伝子の変異により発症するケースも知られています。
持っている遺伝子に変異がある場合、乳がんや卵巣がんにかかるリスクは高まりますが、100%発症するわけではありません。
ということは、遺伝子に異常がない場合でも必ず乳がんを発症しない、とは言い切れないのです。
乳がんの発症については、現段階ですべてが明らかにされている訳ではないので、早期発見、定期的に検診をするよう心がけましょう。

症状

乳房のしこり

乳がんの症状とは、自分で気がつく例をあげると、しこりがありますが胸をさわったときに、しこりが気になった場合の全てが乳がんとは判断できません。
その他の病気のおそれもありますので、すぐに専門医の診断を受けるようにしましょう。

乳房のえくぼ

乳がんが進行するにつれて、見た目にも変化が出てくるようになります。
乳頭が陥没したり、しっしんやただれがみられることもあり、皮膚がオレンジの皮のようにむくんだりします。
症状がひどい場合は、乳頭の先から血の混じった分泌液がでてくることもあります。
自覚症状がなく、病気が進行していることもまれではありません。
ですから、乳がん検診を定期的に受診することがとても重要です。

検査

問診・触診

上記でも挙げたように、しこりなどの自覚症状があるからと言って、乳がんとは断言できません。他の病気の場合もありますので、医師の問診と触診で、しこりの性質を調べます。

マンモグラフィー検査

乳がんの疑いがある場合にもちいられるのが、マンモグラフィー検査です。マンモグラフィー検査で調べられるのは、乳がんの原因がどこにあるのか、どのくらい広がっているのかなどです。
X線を使用することにより、触診では判断できないほどの小さなしこりや微細な乳がんを発見することが可能です。
少ない被曝線量でがん細胞を鮮明に映し出すため、板状のプレートで乳房を挟み、引き伸ばして撮影します。
現在日本では、40代以上の女性を対象に定期的な検診を受けることを推奨しています。

超音波検査

乳房内のしこりの性状や大きさ、周囲への転移があるかどうかを調べます。
超音波を発生する機械を乳房の表面にあて、超音波の反射を利用し、画像で確認する検査です。
マンモグラフィー検査では判断するのが難しい場合もあり、その際この超音波検査が使用されることもあります。

以上の検査で、乳がんの疑いが高い場合は、より精密な検査を行います。
細胞を詳しく調べることで、それそれの症状に効果的な薬剤などの選択が可能になります。

治療

乳がんの治療法は早期発見できた場合と、ステージが進行した場合とで適応する治療法が異なります。その中でも、がん免疫療法であればどのステージであっても治療法として選択することができ、治療効果を期待することが可能です。

治療

がん免疫療法(治療)の 湘南メディカルクリニック