翻訳する en 中国語(簡体) 中国語(繁体) 韓国語 ベトナム語 日本語

免疫細胞療法について

Q.免疫細胞療法とはどういう治療法ですか?

A.免疫細胞療法は従来の治療法のように外的な力を利用してがんを治療するのではなく、自己の免疫を利用しがんを治療する為、体力的な問題やつらい副作用の悩みもありません。
免疫細胞療法は理想的な治療法として注目を集めております。

Q.がん免疫療法(NK・T細胞投与)がん免疫療法(NK・T細胞投与)とはどういう治療ですか?

A.がん免疫療法(NK・T細胞投与)がん免疫療法(NK・T細胞投与)は、患者様から血液を30cc程度採取し、血液よりリンパ球を分離、2週間かけて活性化させ 数百倍までに増殖した後、生理食塩水に溶かして再び点滴にて患者様の体内に戻すという療法です。
尚、NKT細胞の数値は目安であり、患者様の容体によって異なります。

Q.科学的根拠はありますか?

A.免疫細胞療法はがんの最先端の治療法として注目を集めており、大学病院を始め各医療研究機関でも研究が進められております。また一部の大学病院などでは先進医療としても認証されております。

Q.副作用はありますか?

A.ニボルマブ(抗PD-1抗体)ニボルマブ(抗PD-1抗体)イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)の副作用で重篤なのは間質性肺炎です。採血検査でKL-6高値例は、湘南メディカル記念病院で即CTを撮って、すりガラス陰影を確認し、他院に紹介します。副腎不全、甲状腺機能亢進低下は毎回の採血検査と紹介状で早期対応します。
大腸炎については湘南メディカル記念病院の消化器内科専門医である春山先生にコンサルトし、必要あれば、大腸ファイバーをして診断・治療していただきます。その他、肝機能、腎機能、貧血、糖尿病を毎回採血検査で数値を診ていきます。

ニボルマブ(抗PD-1抗体)ニボルマブ(抗PD-1抗体)イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)には重篤な副作用が報告されています。
これら副作用を小さく、かつ早期発見するために、当院では独自の少量投与法と事前採血検査を毎回行っていますが、万が一、副作用が発現した場合、当院では治療できません。紹介状を作成の上、他院へ紹介し、治療という形になります。
以上の事項をすべてご同意・ご承諾いただいた方のみの治療となりますので、予めご了承ください。

Q.がんの部位によって有効性の違いはありますか?

A.一番重要とされるのは患者様の免疫細胞がどのような状態にあるかです。
良好であれば、有効性も高まってきます。但し、血液のがんの一種である悪性リンパ腫と白血病(急性・慢性すべて)
では、がん細胞も活性化してしまう為、治療は行いません。

Q.他の治療との併用は可能ですか?

A.問題ありません。併用することでより高い効果が期待できると考えられます。
但し、現在お受けになっている化学療法や放射線治療等との併用については、お互いの治療の タイミングを考慮する必要がありますが、化学療法や放射線治療の治療日を変更する必要はありませんので、ご安心ください。免疫療法のスケジュールの方を調節しますので、当院医師にご遠慮なくご相談ください。

Q.抗がん剤投与前・投与後どちらがより効果がありますか?

A.前後どちらも効果があります。免疫を強化すると、抗がん剤の副作用を軽減しますので、まずはいち早い免疫療法の開始をお勧めします。

Q.マルヤマワクチン・ハスミワクチンとの併用は可能ですか?

A.可能です。但し、ワクチン接種後48時間程空けてからをお勧めしております。

Q.治療できない場合や病気はありますか?

A.採血が困難な方や、血液のがんの一種である悪性リンパ腫とリンパ性白血病(急性・慢性すべて含め)では、リンパ球ががん化していますので、NK・T細胞を用いた免疫療法は原則として行いません。またその他、自己免疫疾患の方、臓器移植後の免疫抑制剤を使用している方にもNK・T投与は行なえません。「胸腺がん」の方は、がんが悪化する可能性がある為お受け頂けません。なお、そういった方々には、免疫チェックポイント阻害剤の投与が有効な場合がございますので、当院医師にご相談ください。

Q.免疫細胞療法は再発予防にも効果がありますか?

A.はい。使い道としては最適と考えられております。
検査の精度の限界から一定の確率で手術前の検査で見つからなかった微小ながん細胞を取り残して数年後、目に見える状態まで成長してくると再発になります。
この微小ながん細胞にも重い副作用を伴わずに全身的に攻撃出来る免疫細胞療法は手術後の再発予防治療としては非常に有効と考えられます。最近では再発予防として受ける方が非常に増えてきています。

 

こちらはよくある質問関連ページでございます。湘南メディカルクリニックは、世界に先駆けて、アクセル+ブレーキ療法®に基づく新しい概念の免疫療法を行っております。この新・免疫療法で治療手段がないと言われた患者様にも希望の光を当てることが当院の強みでございます。なお、こちらのサイトでは、がん毎の治療、再発予防、治療効果、費用治療実績など、がん治療関連最新情報のページも用意しておりますので、ご覧ください。

 

 

△よくある質問 PageTopへ

医療法人 湘美会
湘南メディカルクリニック
がん免疫療法

湘南メディカルクリニックがん免疫療法お問い合わせはこちら

診療時間 AM10:00~PM7:00
新宿 0120-798-300
大阪 0120-719-600
仙台 0120-961-215
名古屋栄 0120-979-784
両国 0120-279-219

がん免疫療法無料説明会日程
新宿

11/25(日) 定員:15名

13:00~(受付開始12:30)

12/8(土) 定員:15名

13:00~(受付開始12:30) お申込みはこちら
大阪

11/18(日) 定員:10名

13:00~(受付開始12:30)

11/25(日) 定員:10名

13:00~(受付開始12:30) お申込みはこちら
仙台

11/25(日) 定員:8名

13:00~(受付開始12:30)

12/9(日) 定員:8名

13:00~(受付開始12:30) お申込みはこちら
名古屋栄

11/15(木) 定員:8名

13:00~(受付開始12:30)

11/17(土) 定員:8名

13:00~(受付開始12:30) お申込みはこちら
両国【予約不要】

11/16(金) 定員制限なし

13:00~(受付開始12:30)

11/23(金) 定員制限なし

13:00~(受付開始12:30) 詳細はこちら

SNS一覧
メディア掲載情報
ドクターズファイル

阿部院長著書情報

 

メニュー一覧

当院・医師について 免疫療法とは
治療料金 免疫療法の実績
がんの種類について よくある質問
クリニック案内 がん治療コラム
がん治療の比較 SNS一覧
メディア掲載情報 メール相談
初診予約 資料請求
がん免疫治療説明会 プライバシーポリシー

湘南メディカルクリニック新宿院院長 阿部医師ブログ湘南メディカルクリニック新宿院FaceBook湘南メディカルクリニック新宿院twitter
Copyright © 医療法人 湘美会 湘南メディカルクリニック がん免疫療法サイト All Rights Reserved.
初診予約
30分無料相談
実施中
メール相談
医師が答える
無料メール相談
資料請求
がん免疫療法の
詳細資料を
お届け

がん免疫療法
無料説明会

  • 新 宿 11/25(日) 12/8(土)
  • 大 阪 11/18(日) 11/25(日)
  • 仙 台 11/25(日) 12/9(日)
  • 名古屋栄 11/15(木) 11/17(土)
  • 両 国 11/16(金) 11/23(金)