新薬コラム一覧

がん治療の新薬

がん治療最新情報【新薬】

がん治療に関する新薬の最新情報をご紹介いたします。
新薬は多くのがんに効果があることがわかっていても、ドラッグラグという厚生労働省からの承認が下りずに、海外で使用が認められていても、日本では承認されていない新薬が数多く存在しています。
湘南メディカルクリニックでは、海外で効果が認められた新薬をいち早く日本でもお届けしたいと考えています。

ニボルマブ(抗PD-1抗体)
イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)
アベルマブ・アテゾリズマブ(抗PD-L1抗体)
ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)
ベザフィブラートベバシズマブエロツズマブヴァキシラポルトラザデュルバルマブ

国内未承認薬をなぜ当院で扱うのか

日本では新薬の承認が約4年遅れているといわれています。海外では使用が認められているのに、日本では認められていない新薬は数多く存在します。これは厚生労働省による承認が下りていないためです。日本で使えるようになるまでの時間差をドラッグラグといいます。

医薬産業政策研究所が調査したところ2000~2006年の日本の新薬のうち、比較可能な54品目のドラッグラグは約4年でした。その内訳は製薬企業が開発に着手するまでで2年、開発期間で約1年、承認審査の期間で約1年です。

政府もドラッグラグの問題は認識し、2015年7月、新薬の開発から承認までの期間を2年半短縮する方針を掲げました。政府は別の調査機関を基にドラッグラグは2年半と捉えており、これで欧米並みになると考えています。ニボルマブ(抗PD-1抗体)とイピリムマブ(抗CTLA-4抗体)の併用が、多くのがんに効くことはわかっていても、日本での認可の道はかなり程遠いのが現状です。

だからこそ、海外で効果が認められた新薬をいち早く日本でもお届けしたい。それが医師の使命だと思っています。

当院で取扱いの薬剤は、販売代理店を通じて米国製を購入しております。

「個人輸入において注意すべき医薬品等について」(厚生労働省)
https://www.yakubutsu.mhlw.go.jp/individualimport/healthhazard/

監修医師紹介

阿部 吉伸 医師

湘南メディカルクリニック新宿院

院長阿部 吉伸医師

詳しくはこちら

【備考】
日本外科学会永久認定医
日本胸部外科学会永久認定医
心臓血管外科専門医(2004~2009)
下肢静脈瘤血管内レーザー焼灼術実施医
日本癌治療学会会員
日本心臓血管外科学会国際会員
日本胸部外科学会正会員
日本脈管学会会員
日本静脈学会会員
日本血管外科学会会員
日本再生医療学会会員
医学博士

経歴
1990年国立富山医科薬科大学医学部卒
富山医科薬科大学病院第一外科入局(胸部・心臓血管外科・一般消化器外科)
1994年国立富山医科薬科大学大学院卒・医学博士
胸部外科認定医取得(食道・肺・心臓外科)
1992年
~1994年
パリ第12大学アンリーモンドール病院心臓外科留学
1997年国立金沢病院心臓血管外科勤務
2004年パキスタン、トルコ、ミャンマーの日本大使館に外務省参事官兼医務官として8年間海外勤務。
2012年新宿血管外科クリニック 院長
2015年湘南メディカルクリニック新宿院 院長
株式会社シーオーメディカル顧問医就任

がん免疫療法(治療)の 湘南メディカルクリニック