ニボルマブ (抗PD-1抗体)は皮膚の副作用がある方がいい!?

ニボルマブ(抗PD-1抗体)は皮膚の副作用がある方がいい!?

【2015年8月11日】
FDAが画期的がん治療薬として認定しているニボルマブ(抗PD-1抗体)のpembrolizumabは、皮膚に副作用がある方が効いているという論文が出ました。
以下、JAMA Dermatologyに公開されている論文の抜粋です。

Importance Immunomodulatory anticancer drugs, such as the anti–programmed death-1 drug pembrolizumab, have shown promising results in trials, and more patients will receive such treatments. Little is known about cutaneous adverse events (AEs) caused by these drugs and their possible correlation with treatment response.
Objective To describe the frequency and spectrum of cutaneous AEs linked with pembrolizumab and their possible correlation with treatment response.
Design, Setting, and Participants A single-institution, retrospective medical record review was conducted of patients with cancer who were treated with pembrolizumab from March 1, 2011, to May 28, 2014. The review comprised 83 consecutive patients who were enrolled in 2 clinical trials, received at least 1 dose of pembrolizumab, and had at least 1 follow-up visit. Patients were grouped according to the following therapeutic regimen for pembrolizumab: 43 received 10 mg/kg every 3 weeks, 24 received 10 mg/kg every 2 weeks, and 16 received 2 mg/kg every 3 weeks. Sixty-six patients were treated for melanoma, 15 patients for lung cancer, 1 patient for prostate cancer, and 1 patient for Merkel cell carcinoma. Median follow-up was 15 weeks (range, 2-105 weeks). The analysis was conducted from March 1 to September 30, 2014.
Main Outcomes and Measures Occurrence, severity, and type of cutaneous AEs, as well as disease progression and response to pembrolizumab treatment.
Results Thirty-five patients (42%) developed cutaneous AEs attributed to pembrolizumab. The most common cutaneous AEs were macular papular eruption (24 [29%]), pruritus (10 [12%]), and hypopigmentation (7 [8%]). All 7 patients who developed hypopigmentation were treated for melanoma. Survival analyses showed that patients who developed cutaneous AEs had significantly longer progression-free intervals in all 3 groups (pembrolizumab, 10 mg/kg, every 3 weeks, P = .001; pembrolizumab, 10 mg/kg, every 2 weeks, P = .003; pembrolizumab, 2 mg/kg, every 3 weeks, P = .009) compared with patients who did not develop cutaneous AEs.
Conclusions and Relevance Pembrolizumab therapy was associated with cutaneous AEs in 42% of patients. The development of cutaneous AEs, especially of hypopigmentation in patients with melanoma, could point toward better treatment response.

これはPembrolizumabによる皮膚有害事象と臨床効果の関係を検討した単施設後ろ向き研究です。対象はpembrolizumabを1クール以上投与された進行がん83例で、メラノーマ66例、肺がん15例、前立腺がん1例、Merkel cell carcinoma 1例です。

結果ですが、83例中35例(42%)に皮膚有害事象を認めたそうです。この皮膚有害事象の程度ですが、ほとんどが軽症のグレード1で89%でした(2が6%、3が6%)。皮膚副作用の内訳は、斑点状丘疹が29%、掻痒症が12%、色素脱失が8%、乾皮症が2例、角化症が2例、顔面紅斑が1例でした。

Pembrolizumab投与量による皮膚有害事象の有無別progression-free intervalハザード比は投与量10 mg/kg every 3 weeksでは0.54 (95% CI 0.37-0.78; p=0.001)、10 mg/kg every 2 weeksでは0.16 (95% CI 0.05-0.54; P = .003)、2 mg/kg every 3 weeksでは0.74 (95% CI 0.59-0.92; P = .009)と、いずれの投与量でも皮膚有害事象があった方が、progression-free intervalが良好であったということです。皮膚病変が出ている方が、Pembrolizumabが効いているということですね。是非、NK・T細胞免疫療法と併用したいものです。

関連するコラム

監修医師紹介

阿部 吉伸 医師

湘南メディカルクリニック新宿院

院長阿部 吉伸医師

詳しくはこちら

【備考】
日本外科学会永久認定医
日本胸部外科学会永久認定医
心臓血管外科専門医(2004~2009)
下肢静脈瘤血管内レーザー焼灼術実施医
日本癌治療学会会員
日本心臓血管外科学会国際会員
日本胸部外科学会正会員
日本脈管学会会員
日本静脈学会会員
日本血管外科学会会員
日本再生医療学会会員
医学博士

経歴
1990年国立富山医科薬科大学医学部卒
富山医科薬科大学病院第一外科入局(胸部・心臓血管外科・一般消化器外科)
1994年国立富山医科薬科大学大学院卒・医学博士
胸部外科認定医取得(食道・肺・心臓外科)
1992年
~1994年
パリ第12大学アンリーモンドール病院心臓外科留学
1997年国立金沢病院心臓血管外科勤務
2004年パキスタン、トルコ、ミャンマーの日本大使館に外務省参事官兼医務官として8年間海外勤務。
2012年新宿血管外科クリニック 院長
2015年湘南メディカルクリニック新宿院 院長
株式会社シーオーメディカル顧問医就任

当院で受けることが出来る免疫チェックポイント阻害剤

  • ニボルマブ(抗PD-1抗体)

    ニボルマブ(抗PD-1抗体)とは?

    がん免疫療法(NK・T細胞投与)と併用し免疫機能を高めるニボルマブ(抗PD-1抗体)の点滴治療

    詳細はこちら

  • イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)

    イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)とは?

    CTLによるがん(細胞)の破壊する働きを助ける免疫チェックポイント阻害剤

    詳細はこちら

  • 2種類の免疫チェックポイント阻害剤の併用療法

    免疫チェックポイント阻害剤併用療法とは?

    ニボルマブ(抗PD-1抗体)+イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)併用がん免疫療法(NK・T細胞投与)でがんの治癒率が飛躍的に伸びる可能性があります。

    詳細はこちら

  • アクセル+ブレーキ療法®コラム

    免疫療法のアクセル+ブレーキ療法®とは?

    従来の各種免疫細胞の活性化(アクセル)と、がん細胞の反撃を抑える免疫チェックポイント阻害剤(ブレーキ)を併用した新しい治療

    詳細はこちら

湘南メディカルクリニックによる
あきらめないがん治療

まずは、お気軽にご相談下さい。

新宿
0120-798-300
両国
0120-279-219

通話無料 診療時間 AM10:00~PM7:00

よくあるご質問

  • 治療期間はどのくらいですか?
  • 副作用はありますか?
  • 費用はいくらかかりますか?

カテゴリー別【がん治療情報コラム一覧】

がん免疫療法(治療)の 湘南メディカルクリニック