湘南メディカルクリニック中国語サイトはこちら 湘南メディカルクリニック英語サイトはこちら 湘南メディカルクリニックベトナム語サイトはこちら 湘南メディカルクリニック韓国語サイトはこちら 翻訳する翻訳する 英語へ翻訳 中国語(簡体)へ翻訳 中国語(繁体)へ翻訳 韓国語へ翻訳 ベトナム語へ翻訳 日本語へ翻訳

胆道がんの治療方法

基本から最新まで ~胆道がんの治療法を紹介~

 

肝臓で作られた消化液が通る道と、その途中にある胆嚢にできるがんを『胆道がん』と言います。

胆道がんは極めて治療が難しいがんとも言われ、胆道がんになった人と胆道がんで亡くなる人の数がほぼ同じというデータもあるのです。

胆道がんになってしまったら、どのような治療の選択肢があるのでしょう。 基本的な治療法から、最新の治療法までを紹介します。

まずは黄疸治療から始めることも

胆道がんになると、黄疸が症状として現れるケースがほとんどです。その場合、まずは黄疸治療から始めることも珍しくありません。

黄疸は胆管が詰まり、胆汁が流れなくなってしまうことが原因です。そのため胆汁を流す治療が行われます。皮膚に小さな穴をあけて胆汁を排出する『経皮経肝胆道ドレナージ』と、鼻から内視鏡を入れてたまった胆汁を排出する『内視鏡的胆道トレナージ』という方法があります。

しかし医師によっては黄疸治療よりも先に専門の治療をしたほうが良いとの見解もあるため、専門医の診断に任せることが大切です。

基本は外科療法

外科療法といわれるとピンとこない、という人もいるかもしれません。要はがんになってしまった部分を手術によって切除するということです。

手術が可能である場合には、できる限り手術でがんの部分を切除することが基本となります。

しかし胆道がんの手術は、胆道だけでなく肝臓や十二指腸などのほかの臓器への手術も必要になり、難易度が高いとされています。

化学療法・放射線療法

手術ができない場合や、外科療法でがんを取り除いた後に行われるのが化学療法や放射線療法です。

化学療法では、いくつかの抗がん剤を組み合わせてがん細胞が広がるのを防ぎます。

放射線療法では、胆道がんに直接的な効果は低いといわれていますが、骨などほかの部位に転移した場合、その痛みを和らげるという目的で使用されることが多いです。

レーザー療法が行われることも

初期の段階やまだほかの部位に転移が認められないという場合、レーザー療法が行われるケースもあります。

内視鏡による治療で、がん病巣に直接レーザーを当てることでがん細胞を破壊します。がんが広範囲にわたっているときは、レーザー療法の効果は低く、狭い範囲のがんを治療する場合に行われます。

最新の治療法はある?

胆道がんは「見捨てられたがん」といわれるほど、治療が困難な病気であると考えられていました。切除したとしても再発率も高いのが現状です。

最新の治療としては、胆道がんに効果があるとされる抗がん剤などがあります。症状に適した治療を進めていくことが大切です。

<がん免疫療法>

がん免疫療法では、リンパ球をはじめとした免疫細胞の中で唯一、直接がん細胞を攻撃するナチュラル・キラー細胞(NK細胞)を活性化することでがん細胞をピンポイントで殺すことができる治療法です。(別名、活性化自己リンパ球療法とも言います。)

科学療法や放射線療法等とは違って、がん細胞以外の正常な細胞には一切ダメージを与えず、がん細胞のみに攻撃することができるので副作用が少なく、日常生活に支障がないまま治療をすることができます。

また、免疫チェックポイント阻害剤といわれるニボルマブ(抗PD-1抗体)ニボルマブ(抗PD-1抗体)イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)といったナチュラルキラー細胞を助ける働きをもつ薬剤と併用することでより効果的な治療が行えるため、近年第4のがん治療として注目されております。

 

 

監修医師紹介

阿部 吉伸 医師
湘南メディカルクリニック新宿院
院長 阿部 吉伸 医師

詳しくはこちら

【備考】
日本外科学会永久認定医  日本胸部外科学会永久認定医
心臓血管外科専門医(2004~2009)
下肢静脈瘤血管内レーザー焼灼術実施医  日本癌治療学会会員
日本心臓血管外科学会国際会員
日本胸部外科学会正会員  日本脈管学会会員  日本静脈学会会員
日本血管外科学会会員  日本再生医療学会会員  医学博士
経歴
1990年 国立富山医科薬科大学医学部卒
富山医科薬科大学病院第一外科入局(胸部・心臓血管外科・一般消化器外科)
1994年 国立富山医科薬科大学大学院卒・医学博士
胸部外科認定医取得(食道・肺・心臓外科)
1992年~1994年 パリ第12大学アンリーモンドール病院心臓外科留学
1997年 国立金沢病院心臓血管外科勤務
2004年 パキスタン、トルコ、ミャンマーの日本大使館に外務省参事官兼医務官として8年間海外勤務。
2012年 新宿血管外科クリニック 院長
2015年 湘南メディカルクリニック新宿院 院長
株式会社シーオーメディカル顧問医就任

当院で受けることが出来る免疫チェックポイント阻害剤

  • ニボルマブ(抗PD-1抗体)ニボルマブ(抗PD-1抗体)

    ニボルマブ(抗PD-1抗体)ニボルマブ(抗PD-1抗体)とは?
    がん免疫療法(NK・T細胞投与)がん免疫療法(NK・T細胞投与)と併用し免疫機能を高めるニボルマブ(抗PD-1抗体)ニボルマブ(抗PD-1抗体)の点滴治療

  • イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)

    イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)とは?
    CTLによるがん(細胞)の破壊する働きを助ける免疫チェックポイント阻害剤

  • 2種類の免疫チェックポイント阻害剤の併用療法

    免疫チェックポイント阻害剤併用療法とは?
    ニボルマブ(抗PD-1抗体)ニボルマブ(抗PD-1抗体)イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)併用がん免疫療法(NK・T細胞投与)がん免疫療法(NK・T細胞投与)でがんの治癒率が飛躍的に伸びる可能性があります。

  • アクセル+ブレーキ療法®コラム

    免疫療法のアクセル+ブレーキ療法®とは?
    従来の各種免疫細胞の活性化(アクセル)と、がん細胞の反撃を抑える免疫チェックポイント阻害剤(ブレーキ)を併用した新しい治療


湘南メディカルクリニックへのお問い合わせはこちら

湘南メディカルクリニックによる
あきらめないがん治療

まずは、お気軽にご相談下さい。
新宿 0120-798-300
大阪 0120-719-600
名古屋栄 0120-979-784
両国 0120-279-219
通話無料診療時間 AM10:00~PM7:00

よくあるご質問

  • 治療期間はどのくらいですか?
  • 費用はいくらかかりますか?
  • 副作用はありますか?

 

コラム一覧へ戻る



カテゴリー別【がん治療情報コラム一覧】


 

こちらはがん治療最新情報関連ページでございます。湘南メディカルクリニック「新宿」「大阪」「名古屋栄」「両国」は、世界に先駆けて、アクセル+ブレーキ療法®に基づく新しい概念の免疫療法を行っております。この新・免疫療法で治療手段がないと言われた患者様にも希望の光を当てることが当院の強みでございます。なお、こちらのサイトでは、がん毎の治療、再発予防、治療効果、費用治療実績など、がん治療関連最新情報のページも用意しておりますので、ご覧ください。
△ 胆道がんの治療方法 PageTopへ

がん免疫療法無料説明会日程
新宿

2/24(日) 定員:15名

13:00~(受付開始12:30) お申込みはこちら
両国【予約不要】

2/15(金) 定員制限なし

13:00~(受付開始12:30)

2/22(金) 定員制限なし

13:00~(受付開始12:30) 詳細はこちら


メニュー一覧
Copyright © 医療法人 湘美会 湘南メディカルクリニック がん免疫療法サイト All Rights Reserved.
初診予約
30分無料相談
実施中
メール相談
医師が答える
無料メール相談
資料請求
がん免疫療法の
詳細資料を
お届け

がん免疫療法
無料説明会

  • 新 宿 2/24(日)
  • 両 国 2/15(金) 2/22(金)