翻訳する en 中国語(簡体) 中国語(繁体) 韓国語 ベトナム語 日本語

ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)」が「ニボルマブ(抗PD-1抗体)ニボルマブ(抗PD-1抗体)」に迫る、グローバル売上高、2018年度中の逆転は確実か


【2018年8月17日】

免疫チェックポイント(CP)阻害剤のグローバルの売上高で「ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)」が「ニボルマブ(抗PD-1抗体)ニボルマブ(抗PD-1抗体)」に僅差で迫っています。米ブリストル・マイヤーズ スクイブ(BMS)と米メルク、小野薬品工業の決算データを日刊薬業が集計したところ、2018年4~6月期の売上高はニボルマブ(抗PD-1抗体)ニボルマブ(抗PD-1抗体)の18億3100万ドルに対してペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体) が16億6700万ドルで、その差は1億6400万ドルと肉薄しています


BMSと米メルクの決算データで、四半期(3カ月)ごとの ニボルマブ(抗PD-1抗体)ニボルマブ(抗PD-1抗体)ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)のグローバルの売上高を比較すると、2017年10~12月期はニボルマブ(抗PD-1抗体)ニボルマブ(抗PD-1抗体)が13億6100万ドルに対し、ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)は12億9700万ドル、2018年1~3月期もニボルマブ(抗PD-1抗体)ニボルマブ(抗PD-1抗体)が勝っていました。


これが2018年4~6月期にはペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)が16億6700万ドル、ニボルマブ(抗PD-1抗体)ニボルマブ(抗PD-1抗体)が16億2700万ドルと4000万ドルの小差をつけてペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)ニボルマブ(抗PD-1抗体)ニボルマブ(抗PD-1抗体)を初めて追い抜きました。


ただBMSのニボルマブ(抗PD-1抗体)ニボルマブ(抗PD-1抗体)の売上高には小野薬品が販売する日本と韓国、台湾の売上高は含まれていません。BMSの16億2700万ドルに、4~6月期の小野薬品のニボルマブ(抗PD-1抗体)ニボルマブ(抗PD-1抗体)の売上高228億円(2億400万ドル)を足すと18億3100万ドルとなり、ニボルマブ(抗PD-1抗体)ニボルマブ(抗PD-1抗体)が何とか首位を死守していました。


ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)は非小細胞肺がん(NSCLC)の開発で勢いがあり、18年度中にニボルマブ(抗PD-1抗体)ニボルマブ(抗PD-1抗体)を逆転する可能性が高いです

 

免疫CP阻害剤の売り上げを占う上で重要なのがNSCLC肺がんです。薬物治療による1次治療(EGFR/ALK遺伝子変異陽性は除く)は、PD-L1の発現率が50%以上の場合はペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)が適応を持っており、ニボルマブ(抗PD-1抗体)ニボルマブ(抗PD-1抗体)は2次治療の扱いです。


さらに米FDA(食品医薬品局)は2017年5月に、非扁平上皮のNSCLCでPD-L1の発現にかかわらず1次治療で使える迅速承認をペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)に与えています。日本でも同じ適応で2018年4月に申請済みです。


扁平上皮がんのNSCLCでも、PD-L1の発現にかかわらず1次治療で使える適応を狙った臨床第3相試験で、全生存期間を有意に延長する結果が出たと米メルクが2018年6月に発表しています。


ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)は今後、ステージIVの肺がん(小細胞がん除く)の1次治療で使われる免疫CP阻害剤としての地位を固めていくものとみられています


当院で受けることが出来る免疫チェックポイント阻害剤

  • ニボルマブ(抗PD-1抗体)ニボルマブ(抗PD-1抗体)

    ニボルマブ(抗PD-1抗体)ニボルマブ(抗PD-1抗体)とは?
    がん免疫療法(NK・T細胞投与)がん免疫療法(NK・T細胞投与)と併用し免疫機能を高めるニボルマブ(抗PD-1抗体)ニボルマブ(抗PD-1抗体)の点滴治療

  • イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)

    イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)とは?
    CTLによるがん(細胞)の破壊する働きを助ける免疫チェックポイント阻害剤

  • 2種類の免疫チェックポイント阻害剤の併用療法

    免疫チェックポイント阻害剤併用療法とは?
    ニボルマブ(抗PD-1抗体)ニボルマブ(抗PD-1抗体)イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)併用がん免疫療法(NK・T細胞投与)がん免疫療法(NK・T細胞投与)でがんの治癒率が飛躍的に伸びる可能性があります。

  • アクセル+ブレーキ療法®コラム

    免疫療法のアクセル+ブレーキ療法®とは?
    従来の各種免疫細胞の活性化(アクセル)と、がん細胞の反撃を抑える免疫チェックポイント阻害剤(ブレーキ)を併用した新しい治療




メール相談 カウンセリング予約

湘南メディカルクリニックによる
あきらめないがん治療

まずは、お気軽にご相談下さい。
通話無料診療時間 AM10:00~PM7:00

よくあるご質問

  • 治療期間はどのくらいですか?
  • 費用はいくらかかりますか?
  • 副作用はありますか?
メール相談
カウンセリング予約

コラム一覧へ戻る




こちらはペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)」が「ニボルマブ(抗PD-1抗体)ニボルマブ(抗PD-1抗体)」に迫る、グローバル売上高、2018年度中の逆転は確実かについての関連ページでございます。湘南メディカルクリニックは、世界に先駆けて、アクセル+ブレーキ療法®に基づく新しい概念の免疫療法を行っております。この新・免疫療法で治療手段がないと言われた患者様にも希望の光を当てることが当院の強みでございます。なお、こちらのサイトでは、がん毎の治療、再発予防、治療効果、費用治療実績など、がん治療関連最新情報のページも用意しておりますので、ご覧ください。

医療法人 湘美会
湘南メディカルクリニック
がん免疫療法

湘南メディカルクリニックがん免疫療法お問い合わせはこちら

診療時間 AM10:00~PM7:00
新宿 0120-798-300
大阪 0120-719-600
仙台 0120-961-215
名古屋栄 0120-979-784
両国 0120-279-219

がん免疫療法無料説明会日程
新宿

11/25(日) 定員:15名

13:00~(受付開始12:30)

12/8(土) 定員:15名

13:00~(受付開始12:30) お申込みはこちら
大阪

11/18(日) 定員:10名

13:00~(受付開始12:30)

11/25(日) 定員:10名

13:00~(受付開始12:30) お申込みはこちら
仙台

11/25(日) 定員:8名

13:00~(受付開始12:30)

12/9(日) 定員:8名

13:00~(受付開始12:30) お申込みはこちら
名古屋栄

11/15(木) 定員:8名

13:00~(受付開始12:30)

11/17(土) 定員:8名

13:00~(受付開始12:30) お申込みはこちら
両国【予約不要】

11/16(金) 定員制限なし

13:00~(受付開始12:30)

11/23(金) 定員制限なし

13:00~(受付開始12:30) 詳細はこちら

SNS一覧
メディア掲載情報
ドクターズファイル

阿部院長著書情報

 

メニュー一覧

当院・医師について 免疫療法とは
治療料金 免疫療法の実績
がんの種類について よくある質問
クリニック案内 がん治療コラム
がん治療の比較 SNS一覧
メディア掲載情報 メール相談
初診予約 資料請求
がん免疫治療説明会 プライバシーポリシー

湘南メディカルクリニック新宿院院長 阿部医師ブログ湘南メディカルクリニック新宿院FaceBook湘南メディカルクリニック新宿院twitter
Copyright © 医療法人 湘美会 湘南メディカルクリニック がん免疫療法サイト All Rights Reserved.
初診予約
30分無料相談
実施中
メール相談
医師が答える
無料メール相談
資料請求
がん免疫療法の
詳細資料を
お届け

がん免疫療法
無料説明会

  • 新 宿 11/25(日) 12/8(土)
  • 大 阪 11/18(日) 11/25(日)
  • 仙 台 11/25(日) 12/9(日)
  • 名古屋栄 11/15(木) 11/17(土)
  • 両 国 11/16(金) 11/23(金)