湘南メディカルクリニック中国語サイトはこちら 湘南メディカルクリニック英語サイトはこちら 湘南メディカルクリニックベトナム語サイトはこちら 湘南メディカルクリニック韓国語サイトはこちら 翻訳する翻訳する 英語へ翻訳 中国語(簡体)へ翻訳 中国語(繁体)へ翻訳 韓国語へ翻訳 ベトナム語へ翻訳 日本語へ翻訳

「アテゾリズマブ(抗PD-L1抗体)」、肺がんの新たな選択肢に

「アテゾリズマブ(抗PD-L1抗体)」、肺がんの新たな選択肢に


【2018年4月24日】

中外製薬のアテゾリズマブ(抗PD-L1抗体)が2018年3月18日に非小細胞肺がん(NSCLC)の適応で薬価収載されます。発売されれば、NSCLCの適応を持つ抗PD-1抗体である小野薬品工業の「ニボルマブ(抗PD-1抗体)ニボルマブ(抗PD-1抗体)」や、MSDの「ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)」と市場競争を繰り広げることになります。収載に先立って同社が2018年3月12日に開いた説明会では専門医から、NSCLCに対する新たな治療選択肢として期待を示す声が上がりました。


説明会では2人の専門医が登壇しました。基礎研究者の立場で講演した名古屋大大学院の西川博嘉教授は、抗PD-1抗体はT細胞側、抗PD-L1抗体はがん細胞側に結合するため、効果は全く同一ではないと想定されるが、現時点では優劣はついていないとしました。


臨床医の立場で講演を行った国立がん研究センター中央病院の大江裕一郎副院長は、3剤の今後の使い分けについて説明しました。薬物治療の1次治療(EGFR/ALK遺伝子変異陽性は除く)では、PD-L1の発現率が50%以上の場合はペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)、50%未満の場合は化学療法が標準療法になっているとしました。


化学療法後の2次治療では、ニボルマブ(抗PD-1抗体)ニボルマブ(抗PD-1抗体)ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)、アテゾリズマブ(抗PD-L1抗体)はいずれも選択肢となりますが、大江氏はNSCLCのうち扁平上皮がんについては「試験結果が良いため、私ならニボルマブ(抗PD-1抗体)ニボルマブ(抗PD-1抗体)を使うと述べました。


非扁平上皮がんについては、PD-L1が1%以上であれば3剤ともに使えますが、1%未満の場合はニボルマブ(抗PD-1抗体)ニボルマブ(抗PD-1抗体)とアテゾリズマブ(抗PD-L1抗体)の2剤が選択肢として想定されるとしました。非扁平上皮がんかどうかに関わらず、ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)はPD-L1が1%未満のNSCLCには使用できないためです。


そうした状況を説明した上で、ニボルマブ(抗PD-1抗体)ニボルマブ(抗PD-1抗体)とアテゾリズマブ(抗PD-L1抗体)の違いを解説しました。非扁平上皮がんの患者に対する効果を化学療法と比較した試験で、ニボルマブ(抗PD-1抗体)ニボルマブ(抗PD-1抗体)は生存曲線が化学療法群よりもいったん落ちた後に時間の経過とともに化学療法群を上回りますが、アテゾリズマブ(抗PD-L1抗体)は化学療法群よりも下がることがないといった違いがあると評価しました。またニボルマブ(抗PD-1抗体)ニボルマブ(抗PD-1抗体)が2週間に1回投与であるのに対し、アテゾリズマブ(抗PD-L1抗体)は3週間に1回投与のため、利便性も高いとしました


また、中外製薬の酒井三木夫アテゾリズマブ(抗PD-L1抗体)ライフサイクルリーダーは説明会後に取材に応じ、両剤の最適使用推進ガイドラインの記載に違いがあることを説明しました。ニボルマブ(抗PD-1抗体)ニボルマブ(抗PD-1抗体)は「PD-L1発現率1%未満の非扁平上皮がんについて、原則ドセタキセルなどニボルマブ(抗PD-1抗体)ニボルマブ(抗PD-1抗体)以外の抗がん剤の投与を優先する」となっていますが、アテゾリズマブ(抗PD-L1抗体)には「ネガティブな推奨はない」とし、こうした点が差別化につながるとしました。投与間隔の違いも訴求点になるとの認識を示しました。


発売後の体制にも言及しました。がん専門のMRが情報提供活動を行い、各支店で、安全性コミュニケーション部に属する副作用情報に詳しいセーフティーエキスパートが、より詳しい安全性情報を提供するとのことです。


今後は、抗PD-L1抗体薬も市場に広がりを見せる見込みです。


関連するコラム

関連するコラム

監修医師紹介

阿部 吉伸 医師
湘南メディカルクリニック新宿院
院長 阿部 吉伸 医師

詳しくはこちら

【備考】
日本外科学会永久認定医  日本胸部外科学会永久認定医
心臓血管外科専門医(2004~2009)
下肢静脈瘤血管内レーザー焼灼術実施医  日本癌治療学会会員
日本心臓血管外科学会国際会員
日本胸部外科学会正会員  日本脈管学会会員  日本静脈学会会員
日本血管外科学会会員  日本再生医療学会会員  医学博士
経歴
1990年 国立富山医科薬科大学医学部卒
富山医科薬科大学病院第一外科入局(胸部・心臓血管外科・一般消化器外科)
1994年 国立富山医科薬科大学大学院卒・医学博士
胸部外科認定医取得(食道・肺・心臓外科)
1992年~1994年 パリ第12大学アンリーモンドール病院心臓外科留学
1997年 国立金沢病院心臓血管外科勤務
2004年 パキスタン、トルコ、ミャンマーの日本大使館に外務省参事官兼医務官として8年間海外勤務。
2012年 新宿血管外科クリニック 院長
2015年 湘南メディカルクリニック新宿院 院長
株式会社シーオーメディカル顧問医就任

当院で受けることが出来る免疫チェックポイント阻害剤

  • ニボルマブ(抗PD-1抗体)ニボルマブ(抗PD-1抗体)

    ニボルマブ(抗PD-1抗体)ニボルマブ(抗PD-1抗体)とは?
    がん免疫療法(NK・T細胞投与)がん免疫療法(NK・T細胞投与)と併用し免疫機能を高めるニボルマブ(抗PD-1抗体)ニボルマブ(抗PD-1抗体)の点滴治療

  • イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)

    イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)とは?
    CTLによるがん(細胞)の破壊する働きを助ける免疫チェックポイント阻害剤

  • 2種類の免疫チェックポイント阻害剤の併用療法

    免疫チェックポイント阻害剤併用療法とは?
    ニボルマブ(抗PD-1抗体)ニボルマブ(抗PD-1抗体)イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)併用がん免疫療法(NK・T細胞投与)がん免疫療法(NK・T細胞投与)でがんの治癒率が飛躍的に伸びる可能性があります。

  • アクセル+ブレーキ療法®コラム

    免疫療法のアクセル+ブレーキ療法®とは?
    従来の各種免疫細胞の活性化(アクセル)と、がん細胞の反撃を抑える免疫チェックポイント阻害剤(ブレーキ)を併用した新しい治療


湘南メディカルクリニックへのお問い合わせはこちら

湘南メディカルクリニックによる
あきらめないがん治療

まずは、お気軽にご相談下さい。
新宿 0120-798-300
両国 0120-279-219
通話無料診療時間 AM10:00~PM7:00

よくあるご質問

  • 治療期間はどのくらいですか?
  • 費用はいくらかかりますか?
  • 副作用はありますか?

コラム一覧へ戻る



カテゴリー別【がん治療情報コラム一覧】



こちらは「アテゾリズマブ(抗PD-L1抗体)」、肺がんの新たな選択肢にについての関連ページでございます。湘南メディカルクリニック「新宿」「大阪」「名古屋栄」「両国」は、世界に先駆けて、アクセル+ブレーキ療法®に基づく新しい概念の免疫療法を行っております。この新・免疫療法で治療手段がないと言われた患者様にも希望の光を当てることが当院の強みでございます。なお、こちらのサイトでは、がん毎の治療、再発予防、治療効果、費用治療実績など、がん治療関連最新情報のページも用意しておりますので、ご覧ください。

がん免疫療法無料説明会日程
新宿

4/21(日) 定員:50名程度

13:00~(受付開始12:30) お申込みはこちら
両国【予約不要】

3/22(金) 定員制限なし

13:00~(受付開始12:30)

3/29(金) 定員制限なし

13:00~(受付開始12:30) 詳細はこちら


メニュー一覧
Copyright © 医療法人 湘美会 湘南メディカルクリニック がん免疫療法サイト All Rights Reserved.
初診予約
30分無料相談
実施中
メール相談
医師が答える
無料メール相談
資料請求
がん免疫療法の
詳細資料を
お届け

がん免疫療法
無料説明会

  • 新 宿 4/21(日)
    13時開催
    2院
    合同セミナー
  • 両 国 3/22(金) 3/29(金)