翻訳する en 中国語(簡体) 中国語(繁体) 韓国語 ベトナム語

がん治療情報コラム

<医者が言う余命は3割も当らない>

 

医者が言う余命は3割も当らない、という研究結果が、国立がんセンターから発表されました。以下、Pub Medでインターネット公開されている原文の抜粋です。


Curr Oncol. 2014 Apr;21(2):84-90. doi: 10.3747/co.21.1743.
Can oncologists predict survival for patients with progressive disease after standard chemotherapies?
Abstract
BACKGROUND:
Prediction of prognosis is important for patients so that they can make the most of the rest of their lives. Oncologists could predict survival, but the accuracy of such predictions is unclear.
METHODS:
In this observational prospective cohort study, 14 oncologists treating 9 major adult solid malignancies were asked to complete questionnaires predicting survival based on performance status, oral intake, and other clinical factors when patients experienced progressive disease after standard chemotherapies. Clinically predicted survival (cps) was calculated by the oncologists from the date of progressive disease to the predicted date of death. Actual survival (as) was compared with cps using Kaplan-Meier survival curves, and factors affecting inaccurate prediction were determined by logistic regression analysis. The prediction of survival time was considered accurate when the cps/as ratio was between 0.67 and 1.33.
RESULTS:
The study cohort consisted of 75 patients. Median cps was 120 days (interquartile range: 60-180 days), and median as was 121 days (interquartile range: 40-234 days). The participating oncologists accurately predicted as within a 33% range 36% of the time; the survival time was overestimated 36% of time and underestimated 28% of the time. The factors affecting the accuracy of the survival estimate were the experience of the oncologist, patient age, and information given about the palliative care unit.
CONCLUSIONS:
Prediction of cps was accurate for just slightly more than one third of all patients in this study. Additional investigation of putative prognostic factors with a larger sample size is warranted.
KEYWORDS:
Survival prediction; cancer patient survival; chemotherapy

コホートという手法の、振り返り研究で、75人の患者様について調べたものです。腫瘍内科医がきちんと余命を言い当てたのは3割程度で、残りの3割は長めに、そのまた残りの3割は短めに、余命を宣告してしまった、ということでした。どんなに経験豊富な腫瘍内科医でも同じことだったようで、野球で打率3割は合格点なのでしょうが、余命宣告3割は低すぎますよね。
医師はこれから現場で余命宣告しないようにするか、あるいは、患者様側で余命宣告されても信用しない、といったことが重要になってくるかもしれませんね。

 

 

当院で受けることが出来る免疫チェックポイント阻害剤

  • ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)

    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    とは?

    がん免疫療法(NK細胞投与)NK・T細胞療法と併用し免疫機能を高めるニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    の点滴治療

  • イピリムマブ
    (抗CTLA-4抗体)
    ヤーボイ・
    イピリムマブ
    (抗CTLA-4抗体)

    イピリムマブ
    (抗CTLA-4抗体)
    ヤーボイ・
    イピリムマブ
    (抗CTLA-4抗体)
    とは?

    CTLによるがん(細胞)の破壊する働きを助ける免疫チェックポイント阻害剤

  • 2種類の免疫チェックポイント阻害剤の併用療法

    免疫チェックポイント阻害剤併用療法とは?
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    イピリムマブ
    (抗CTLA-4抗体)
    ヤーボイ・
    イピリムマブ
    (抗CTLA-4抗体)
    併用がん免疫療法(NK細胞投与)NK・T細胞療法でがんの治癒率が飛躍的に伸びる可能性があります。

  • アクセル+ブレーキ療法®コラム

    免疫療法のアクセル+ブレーキ療法®とは?
    従来の各種免疫細胞の活性化(アクセル)と、がん細胞の反撃を抑える免疫チェックポイント阻害剤(ブレーキ)を併用した新しい治療




メール相談 カウンセリング予約

湘南メディカルクリニックによる
あきらめないがん治療

まずは、お気軽にご相談下さい。
通話無料診療時間 AM10:00~PM7:00

よくあるご質問

  • 治療期間はどのくらいですか?
  • 費用はいくらかかりますか?
  • 副作用はありますか?
メール相談
カウンセリング予約

 

コラム一覧へ戻る

 

 

△医者が言う余命は3割も当らない PageTopへ

医療法人 湘美会
湘南メディカルクリニック
がん免疫療法

湘南メディカルクリニックがん免疫療法お問い合わせはこちら

診療時間 AM10:00~PM7:00
新宿院
0120-798-300
大阪院
0120-719-600

がん免疫療法無料説明会日程
新宿

12/10(土) 定員:15名

13:00~(受付開始12:30)

12/23(金) 定員:15名

13:00~(受付開始12:30) お申込みはこちら
大阪

12/11(日) 定員:10名

13:00~(受付開始12:30) お申込みはこちら
名古屋栄

12/8(木) 定員:5名

13:00~(受付開始12:30)

12/22(木) 定員:5名

13:00~(受付開始12:30) お申込みはこちら

NKアクティベート
阿部院長ブログ
メディア掲載情報
ドクターズファイル

阿部院長著書情報
採用情報

 

メニュー一覧









Copyright © 医療法人 湘美会 湘南メディカルクリニック がん免疫療法サイト All Rights Reserved.
初診予約
30分無料相談
実施中
メール相談
阿部院長が
答える
無料メール相談
資料請求
先着100名様
阿部院長の
書籍同封

がん免疫療法
無料説明会

  • 新 宿 12/10(土) 12/23(金)
  • 大 阪 12/11(日)
  • 名古屋栄 12/8(木) 12/22(木)