当院・医師について

当院について 阿部 吉伸 医師
日本外科学会永久認定医 日本胸部外科学会永久認定医 医学博士

湘南メディカルクリニック 新宿院 院長

阿部 吉伸医師

Yoshinobu Abe

当院について 加藤 貴志 医師
日本外科学会専門医 日本消化器外科学会 医学博士 日本内視鏡外科学会 総合診療認定医

湘南メディカル記念病院 理事長

加藤 貴志医師

Takashi Kato

認定再生医療等委員会

平成26年11月25日に施行された「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」に基づき、免疫細胞治療を含む第三種再生医療等提供計画に係る審査等業務を実施する委員会として、厚生労働大臣より認定を受けた、医療法人湘美会 再生医療等認定委員会(第三種認定)を設置しています。

同法は、再生医療等の迅速かつ安全な提供等を図るため、再生医療等を提供しようとする者が講ずべき措置を明らかにするとともに、人の生命及び健康に与える影響の程度に応じて分類された再生医療等の提供に係る手続きや適正な提供のための措置、更には特定細胞加工物の製造の許可等の制度等を定めた法律です。

2015.11.06医療法人湘美会 認定再生医療等委員会(第三種認定)の設立許認可を厚生労働大臣より認定を受けました。
認定番号 NB3150032
2015.11.18再生医療提供計画で、NK・T免疫療法が厚生局に受理されました。
(ガン免疫)
湘南メディカルクリニック 新宿院 受理番号 PC3150160
2016.01.20再生医療提供計画で、NK・T免疫療法が厚生局に受理されました。
(ガン免疫)
湘南メディカルクリニック 大阪院 再生医療提供計画番号 PC5150470

<委員会メンバー>

氏名所属及び役職
阿部 吉伸医療・再生医療の専門家
中村 大輔医療
居川 和広医療
斎藤 舞医療
佐藤 裕法律・生命倫理
三村 大介一般
津川 麻里一般
齊藤 麻佐子一般
瀬出井 亮一般

湘南メディカルクリニックの強み

熟練した培養士軍団

ナラティブベースドメディスンの導入1

培養は手作業が多い職人芸です。
免疫療法創成期から、30年以上の培養経験を有する大学客員教授を筆頭に熟練した培養士がNK・T細胞を最大限に活性化しますので、がんを死滅させる最大のアクセル作用が得られます。

他院の治療費の半額以下

ナラティブベースドメディスンの導入2

細胞培養で一番経費が掛かる培養機材を、前述した培養士と培養機材メーカーが共同開発し、極力経費を抑えた結果、当院では他院の半額以下で免疫療法を実施しております。

免疫細胞の培養室併用だから安心

ナラティブベースドメディスンの導入3

自分の細胞がどのような環境下で培養されているのかを見たいという声にお応えし、診察室から併設の培養室をガラス越しに見学できるようにしました。
なお、培養室はクリーンルームで陽圧設計になっており、ちり一つ入らない構造となっています。

最大の強みは世界に先駆けて、アクセル+ブレーキ療法®に基づく新しい概念の免疫療法を行なっていることです。この新・免疫療法で治療手段がないと言われた患者様にも希望の光を当てることが湘南メディカルクリニック本来の強みです。

がん免疫療法(治療)の 湘南メディカルクリニック