翻訳する en 中国語(簡体) 中国語(繁体) 韓国語 ベトナム語 日本語

乳がんステージⅣからの
生還も可能な治療法

NKT細胞の活性化と
がん細胞の抑制を同時に行う

アクセル+ブレーキ療法®

乳がんの治療で一般的に認知さられているのは切除手術と抗がん剤治療ですが、現在では新しい治療法の「がん免疫療法」が注目されていることをご存知でしょうか。

当院で治療された患者様の実例を踏まえて、がん免疫療法が乳がん治療に効果を発揮していることをご確認ください。

乳がんのステージと治療方法

乳がんという診断がついた場合、がんが乳腺の中でどの程度広がっているのか、遠隔臓器に転移しているのか、についての検査が行われます。乳がんの広がり、すなわち、乳房のシコリの大きさ、乳腺の領域にあるリンパ節転移の有無、遠隔転移の有無によって大きく5段階の病期(ステージ)に分類され、このステージに応じて治療法が変わってきます。その中でも、がん免疫療法であればどのステージであっても治療法として選択することができ、治療効果を期待することが可能です。

<病期(ステージ)>

乳がんのステージ1

しこりの大きさが2cm(1円玉の大きさ)以下で、わきの下のリンパ節には転移していない、つまり乳房の外に広がっていないと思われる段階です。



乳がんのステージ2

2a期

しこりの大きさが2cm以下で、わきの下のリンパ節への転移がある場合、またはしこりの大きさが2~5cmでわきの下のリンパ節への転移がない場合。


2b期

しこりの大きさが2~5cmでわきの下のリンパ節への転移がある場合。



乳がんのステージ3

3a期

しこりの大きさが2cm以下で、わきの下のリンパ節に転移があり、しかもリンパ節がお互いがっちりと癒着し周辺の組織に固定している状態、または、わきの下のリンパ節転移がなく胸骨の内側のリンパ節(内胸リンパ節)が腫れている場合。あるいはしこりの大きさが5cm以上でわきの下あるいは胸骨の内側のリンパ節への転移がある場合。


3b期

しこりの大きさやわきの下のリンパ節への転移の有無にかかわらず、しこりが胸壁にがっちりと固定しているか、皮膚にしこりが顔を出したり皮膚が崩れたり皮膚がむくんでいるような状態。炎症性乳がんもこの病期に含まれます。


3c期

しこりの大きさにかかわらず、わきの下のリンパ節と胸骨の内側のリンパ節の両方に転移がある場合。あるい、は鎖骨の上下にあるリンパ節に転移がある場合。



乳がんのステージ4

遠隔臓器に転移している場合。乳がんの転移しやすい臓器は骨、肺、肝、脳などです。



再発乳がん

乳房のしこりに対する初期治療を行った後、乳がんが再び出てくることを「再発」といいます。通常は他の臓器に出てくること(「転移」と呼びます)を指し、ステージ4の乳がんとあわせて「転移性乳がん」と呼びます。手術をした乳房の領域に出てくることは「局所・領域再発」と呼んで区別します。



がん免疫療法を治療した乳がん治療実例

ステージⅣ:乳がん・骨転移(64歳女性)

がん免疫療法(NK・T細胞投与)がん免疫療法(NK・T細胞投与)ニボルマブ(抗PD-1抗体)ニボルマブ(抗PD-1抗体)による治療を行いました。1クール5回の治療で、左乳がん消失し、骨転移したがん細胞が消失しました。

  • 治療前に撮影されたCT
  • 治療開始後に撮影されたCT

 


  • 治療前に撮影されたCT
  • 治療開始後に撮影されたCT
医師によるコメント

乳がんの骨転移があるので手術できないと言われた患者様ですが、アクセル+ブレーキ療法®(がん免疫療法(NK・T細胞投与)がん免疫療法(NK・T細胞投与)ニボルマブ(抗PD-1抗体)ニボルマブ(抗PD-1抗体))で骨転移を含めすべてがんが消失したため、結果的には手術をせずに済んだ症例です。

ステージⅣ:左乳がん手術不能例、両肺多発転移(55歳女性)

がん免疫療法(NK・T細胞投与)がん免疫療法(NK・T細胞投与)ニボルマブ(抗PD-1抗体)ニボルマブ(抗PD-1抗体)による治療を行いました。
1クール5回の治療で、乳がんの原発巣はほとんどわからないくらいに消失し、肺転移もほぼ消失しました。現在もう1クール追加で治療を継続されております。

  • 治療前に撮影されたCT(左乳がん)
  • 治療開始後に撮影されたCT(左乳がん)

 


  • 治療前に撮影されたCT(両肺多発転移)
  • 治療開始後に撮影されたCT(両肺多発転移)
医師によるコメント

アクセル+ブレーキ療法®(がん免疫療法(NK・T細胞投与)がん免疫療法(NK・T細胞投与)ニボルマブ(抗PD-1抗体)ニボルマブ(抗PD-1抗体))で、乳がんステージⅣの肺転移が消えた症例です。

乳がん術後再発、肺・脳多発転移(34歳女性)

ニボルマブ(抗PD-1抗体)ニボルマブ(抗PD-1抗体)イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)投与に続き、がん免疫療法(NK・T細胞投与)がん免疫療法(NK・T細胞投与)ニボルマブ(抗PD-1抗体)ニボルマブ(抗PD-1抗体)に治療を行いました。
がん細胞がきれいに消失しており、治療開始時は車いすで来院されていた患者様が約3か月後には普通に歩いて来院されるぐらい回復されました。

  • 治療前に撮影されたCT
  • 治療開始後に撮影されたCT
医師によるコメント

この方はたった2回のがん免疫療法(NK・T細胞投与)がん免疫療法(NK・T細胞投与)ニボルマブ(抗PD-1抗体)ニボルマブ(抗PD-1抗体)イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)投与で、乳がんステージⅣの脳転移が消えた症例です。

当院の乳がん治療実績 130症例

乳がん患者様が「がん免疫治療」を選択される理由

乳房の切除をせずに完治を目指せる

ステージ0~Ⅲの状態の方、特に早期発見に至った場合、一般的には切除によって治療をするケースがほとんどです。ただ、女性にとって乳房を切除することは非常に大きな問題となります。そのため、近年ではがん免疫療法にてがん細胞を体内で死滅させる治療を選択される方が増えており、乳がんを完治しつつ、今までと変わらないライフスタイルをご希望される患者様が多数いらっしゃいます。

ステージⅣでも治療の効果が期待できる

ステージⅣとは、遠隔臓器(骨、肺、肝臓、脳など)に転移している状態の乳がんとなります。現在ここまで進行すると薬物療法が一般的ですが、激しい副作用と戦う覚悟が必要となります。また、副作用による体力・気力の衰弱でがん細胞と戦う力を失ってしまうこともあります。がん免疫療法では副作用が少なく、身体の免疫力を向上させがん細胞自体を攻撃する治療法ですので、患者様の体力を温存しつつ万全の状態で治療を続けていくことが可能です。

他の乳がん治療と併用できる

がん免疫療法は、他の乳がん治療と併用することができます。また、身体の免疫力を上げる仕組みから、相乗効果でより高い効果が期待できると考えられます。但し、現在お受けになっている化学療法や放射線治療等との併用については、お互いの治療のタイミングを考慮する必要がありますので、ご遠慮なくご相談ください。



メール相談 カウンセリング予約

湘南メディカルクリニックによる
あきらめないがん治療

まずは、お気軽にご相談下さい。
通話無料診療時間 AM10:00~PM7:00

よくあるご質問

  • 治療期間はどのくらいですか?
  • 費用はいくらかかりますか?
  • 副作用はありますか?
メール相談
カウンセリング予約

阿部院長による30分相談無料実施中

がん免疫療法について詳しく知りたい方

がん免疫療法(NK・T細胞投与)がん免疫療法(NK・T細胞投与)

がん細胞に対し、最強の攻撃力を持つナチュラル・キラー細胞(NKT細胞)を用いた免疫療法
免疫細胞の中でも、唯一直接がん細胞を攻撃する最強の攻撃力を持っているナチュラル・キラー細胞(NKT細胞)ですが、がん患者様はこのNKT細胞の活性が低いためにがんになってしまうとも言えます。 がん免疫療法(NK・T細胞投与)がん免疫療法(NK・T細胞投与)は、NKT細胞を活性化させて、がんをピンポイントで殺す治療法です。

詳細はこちら

アクセル+ブレーキ療法®

がん免疫療法(NK・T細胞投与)がん免疫療法(NK・T細胞投与)ニボルマブ(抗PD-1抗体)ニボルマブ(抗PD-1抗体)を併用した新しい治療
従来の各種免疫細胞の活性化だけを目的としたアクセル作用だけでなく、がん細胞の反撃を抑えるニボルマブ(抗PD-1抗体)ニボルマブ(抗PD-1抗体)を併用し、 がん細胞に直接ブレーキをかけることで、より効率よく『がん細胞を死滅』させることができる画期的な治療です。

詳細はこちら

早期発見のため乳がん健診を検討の方

提携クリニック(湘南メディカル記念病院:両国駅徒歩0分)にて乳がん検診を受診しております。

 

こちらは乳がんステージⅣからの生還も可能な治療法関連ページでございます。湘南メディカルクリニックは、世界に先駆けて、アクセル+ブレーキ療法®に基づく新しい概念の免疫療法を行っております。この新・免疫療法で治療手段がないと言われた患者様にも希望の光を当てることが当院の強みでございます。なお、こちらのサイトでは、がん毎の治療、再発予防、治療効果、費用治療実績など、がん治療関連最新情報のページも用意しておりますので、ご覧ください。

 

 

△免疫療法とは PageTopへ

治療の説明:患者様から採取した血液中のリンパ球に、高濃度IL-2と各種抗体を加え特殊技術により活性化し増殖させたリンパ球を患者様の体内に戻し、がんの治療を行います。
費用:158,000円〜508,000円 ※回数によって異なります。
治療のリスク:治療後、発熱、間質性肺炎、肝機能障害、甲状腺機能低下症、消化器障害、皮膚障害、神経障害、内分泌傷害、腎障害、副腎不全、薬剤へのアレルギー反応などをおこす可能性がございます。


がん免疫療法無料説明会日程
新宿

12/23(日) 定員:15名

13:00~(受付開始12:30) お申込みはこちら
大阪

12/23(日) 定員:10名

13:00~(受付開始12:30)

1/6(日) 定員:10名

13:00~(受付開始12:30) お申込みはこちら
仙台

12/23(日) 定員:8名

15:00~(受付開始14:30) お申込みはこちら
名古屋栄

12/20(木) 定員:8名

13:00~(受付開始12:30)

12/22(土) 定員:8名

13:00~(受付開始12:30) お申込みはこちら
両国【予約不要】

12/21(金) 定員制限なし

13:00~(受付開始12:30)

12/28(金) 定員制限なし

13:00~(受付開始12:30) 詳細はこちら

 

メニュー一覧

当院・医師について 免疫療法とは
治療料金 免疫療法の実績
がんの種類について よくある質問
クリニック案内 がん治療コラム
がん治療の比較 SNS一覧
メディア掲載情報 メール相談
初診予約 資料請求
がん免疫治療説明会 プライバシーポリシー

湘南メディカルクリニック新宿院院長 阿部医師ブログ湘南メディカルクリニック新宿院FaceBook湘南メディカルクリニック新宿院twitter
Copyright © 医療法人 湘美会 湘南メディカルクリニック がん免疫療法サイト All Rights Reserved.
初診予約
30分無料相談
実施中
メール相談
医師が答える
無料メール相談
資料請求
がん免疫療法の
詳細資料を
お届け

がん免疫療法
無料説明会

  • 新 宿 12/23(日)
  • 大 阪 12/23(日) 1/6(日)
  • 仙 台 12/23(日)
  • 名古屋栄 12/20(木) 12/22(土)
  • 両 国 12/21(金) 12/28(金)