ニボルマブ(抗PD-1抗体) + イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)の併用療法

免疫チェックポイント阻害薬

がん細胞には、がん細胞を攻撃する細胞傷害性T細胞(CTL)に殺されないよう、このCTLの活性を下げてしまう「免疫チェックポイント」という仕組みがあります。 これを阻害してしまえば、CTLはまた元通り、がん細胞を殺すことができます。これが免疫チェックポイント阻害剤です。この薬があれば、CTLは本来の力を発揮し、がん細胞を殺すことができるわけです。

がん細胞によってT細胞にブレーキがかかったイメージ

ニボルマブ(抗PD-1抗体)とイピリムマブ(抗CTLA-4抗体)の役目は

ニボルマブ(抗PD-1抗体)とイピリムマブ(抗CTLA-4抗体)の役目

免疫チェックポイント阻害剤(イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)、ニボルマブ(抗PD-1抗体))は、がん細胞を直接攻撃し、殺す薬ではなく、がん細胞を殺そうとする免疫にブレーキをかけようとするがん細胞の働きを阻害する、「マイナス×マイナス=プラス」の薬なのです。
この免疫チェックポイント阻害剤(イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)、ニボルマブ(抗PD-1抗体))に、さらに自身のリンパ球を培養し、活性化させるがん免疫療法(NK・T細胞投与)を追加すれば、がんの完全治療も目指せるのではないかと考えられます。

ニボルマブ(抗PD-1抗体)とイピリムマブ(抗CTLA-4抗体)の併用療法とは

ニボルマブ(抗PD-1抗体)とイピリムマブ(抗CTLA-4抗体)は全く作用機序が異なる免疫チェックポイント阻害剤です。ニボルマブ(抗PD-1抗体)はPD-1を阻害し、がん細胞の反撃を止める一方、イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)はCTLA-4という免疫細胞にストップをかける因子を阻害することで、免疫細胞を元気にします。
2つのタイプの免疫チェックポイント阻害薬を併用することで、がん細胞の反撃を止め、免疫細胞をより元気にすることで、NK細胞が本来の力を発揮し、がん細胞を攻撃できるようになります。

併用療法を用いる理由

ニボルマブ(抗PD-1抗体)+イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)併用がん免疫療法(NK・T細胞投与)で、がん治癒率が飛躍的に伸びる可能性があります。

併用療法を用いる理由

米国食品医薬局(FDA)は、特殊な悪性黒色腫(メラノーマ)にニボルマブ(抗PD-1抗体)とイピリムマブ(抗CTLA-4抗体)の併用両方を迅速承認しました。
142人を対象にした治療で、ニボルマブ(抗PD-1抗体)+イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)併用群の奏効率(ORR)は60%で、イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)単独群では11%と、ニボルマブ(抗PD-1抗体)+イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)併用群に有意な改善が認められました。
無増悪生存期間(PFS)でも中央値が併用群8.9%で、単独群は4.7ヶ月でした。

坑PD-1抗体+坑CTLA-4抗体併用群と坑CTLA-4抗体単独群の比較

治療の流れ

坑PD-1抗体+坑CTLA-4抗体併用 治療の流れ

ニボルマブ(抗PD-1抗体)+イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)の併用療法は通常1時間以上かけて静脈から点滴で投与しますが、NK・T細胞と併用する時は少量(ニボルマブ(抗PD-1抗体)、イピリムマブ(抗CTLA-4抗体))投与の為、各20~30分程度の投与時間で終了します。

  • がん免疫療法(NK・T細胞投与)20~30分
  • ニボルマブ(抗PD-1抗体)20~30分
  • イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)20~30分

また、投与するニボルマブ(抗PD-1抗体)+イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)の量は通常、患者様の体重(2mg/kg)によって決まりますが、がん免疫療法(NK・T細胞投与)と併用する場合は少量の投与となります。

投与スケジュール

治療を受けた次の日から最低14日間は休薬します。
通常、がん免疫療法(NK・T細胞投与)は2週間毎なので、併用ニボルマブ(抗PD-1抗体)+イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)療法も、2週間毎に投与し、治療を繰り返しますが、1回だけという選択も可能です。

監修医師紹介

阿部 吉伸 医師

湘南メディカルクリニック新宿院

院長阿部 吉伸医師

詳しくはこちら

【備考】
日本外科学会永久認定医
日本胸部外科学会永久認定医
心臓血管外科専門医(2004~2009)
下肢静脈瘤血管内レーザー焼灼術実施医
日本癌治療学会会員
日本心臓血管外科学会国際会員
日本胸部外科学会正会員
日本脈管学会会員
日本静脈学会会員
日本血管外科学会会員
日本再生医療学会会員
医学博士

経歴
1990年国立富山医科薬科大学医学部卒
富山医科薬科大学病院第一外科入局(胸部・心臓血管外科・一般消化器外科)
1994年国立富山医科薬科大学大学院卒・医学博士
胸部外科認定医取得(食道・肺・心臓外科)
1992年
~1994年
パリ第12大学アンリーモンドール病院心臓外科留学
1997年国立金沢病院心臓血管外科勤務
2004年パキスタン、トルコ、ミャンマーの日本大使館に外務省参事官兼医務官として8年間海外勤務。
2012年新宿血管外科クリニック 院長
2015年湘南メディカルクリニック新宿院 院長
株式会社シーオーメディカル顧問医就任

がん免疫療法(治療)の 湘南メディカルクリニック