エロツズマブ

エロツズマブとは

多発性骨髄腫の期待の新薬エロツズマブを導入します。

4月中旬から、当院で多発性骨髄腫の期待の新薬エロツズマブを導入します。
多発性骨髄腫には、がんを刺激し増殖させる恐れがあるため、活性化がん免疫療法(NK・T細胞投与)ができませんが、エロツズマブは、細胞表面の糖タンパクであるSignaling Lymphocyte Activation Molecule Family member 7(SLAMF7)を特異的に活性化させる免疫賦活抗体です。

このSLAMF7経路を経由し、NKT細胞を介して、免疫系を直接的に活性化します。
つまりNKT細胞活性化と同じアクセル作用が得られます。

また、エロツズマブは、骨髄腫細胞上のSLAMF7をも標的とし、NKT細胞ががんを見つけやすいように、骨髄腫細胞にしるしをつけます。

ニボルマブ(抗PD-1抗体)は多発性骨髄腫によく効くことが知られているので、エロツズマブ+ニボルマブ(抗PD-1抗体)で免疫アクセル+ブレーキ作用が得られ、より効率的に、がんを死滅させることができます。

多発性骨髄腫は寛解・再発を繰り返し、5年生存率が50%以下の難病です。
何とか生存率を上げたい病気の一つです。
多発性骨髄腫の方は是非、ご検討下さい。

がん免疫療法(治療)の 湘南メディカルクリニック