他のがん治療方法との比較

免疫療法

特徴
QOL(Quality of life:生活の質)を維持したがん治療。他のがん治療との併用が可能。通院による治療が可能。
治療方法
採血により採取したリンパ球を体外で活性化、増殖させる。その、Tリンパ球などを再び体内に戻し、体内のがん細胞を攻撃する。
対象がん
以下を除くほぼ全てのがん(白血病、T細胞型の悪性リンパ腫等の血液がんを除く)。

外科療法

特徴
がんに対して極めて有効。
治療方法
手術によってがんを切除。
対象がん
固形がん。

放射線療法

特徴
がんおよび外科療法が困難ながんに有効。
治療方法
X線や重粒子線などの放射線を照射。
対象がん
頭頸部がん、子宮がんなど。

化学療法

特徴
絨毛がん、急性骨髄性白血病、悪性リンパ腫、睾丸腫瘍などで有効性が高い。
治療方法
抗がん剤の投与。
対象がん
進行がん、手術後の微小がん、及び転移や部位などにより外科療法が困難ながん。

がん免疫療法(治療)の 湘南メディカルクリニック