ベバシズマブ

ベバシズマブとは

ベバシズマブは、がんそのものの異常血管を修復して正常化します。

 ベバシズマブは、がんそのものの異常血管を修復して正常化します。

ベバシズマブは、2007年4月に承認された世界初の血管新生阻害薬です。

がんが増殖するに伴って、がん自身に栄養を供給するために、がんは血液を送りこむ血管を新しく作ります(血管新生)。ベバシズマブは、この血管新生を促すために、がん細胞が分泌するVEGFというタンパク質に結合して、血管の新生を抑え、栄養を行き渡らせないようにして、増殖のスピードを低下させるはたらきがあります。

さらに、がんそのものの異常血管を修復して正常化するはたらきもあります。そうするとニボルマブ(抗PD-1抗体)とイピリムマブ(抗CTLA-4抗体)ががんに届きやすくなるので、大きな治療効果を得ることができるのです。
保険適応は治癒切除が不可能な進行・再発の大腸がんだけですが、理論上は全ての固形がんに効きます。欧米では肺がんや乳がんに対しての臨床試験が行なわれ、効果が報告されています。日本国内でも乳がんに対する臨床試験が進行中です。

主な副作用ですが、ベバシズマブは他の抗がん剤と薬の性格がまったく違うので、抗がん剤や免疫チェックポイント阻害剤と併用して使っても、相乗的な副作用が現れ、吐き気が倍増したとか、白血球の減少がひどくなったということはほとんどありません。

この薬はがんの増殖を抑制するだけで、がんを消すわけではないですが、ニボルマブ(抗PD-1抗体)+イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)と併用して早くがんを消したい方、大きな腫瘤がある方、胸水や腹水がある方、転移がたくさんある方、急激に進行中の方などにお勧めです。

留意点

ベバシズマブに特有の副作用としては出血、血栓症、消化管穿孔、創傷治療の遅延、血圧上昇などが挙げられます。このうち血栓症と消化管穿孔は命取りになりかねない副作用ですが、市販後の全国調査では、それぞれ0.9%と0.4%と低い数値になっています。

使用上の注意点としては、抗凝固剤を投与している、あるいは血栓塞栓症の既往のある患者さんは出血の恐れがあるので、注意が必要です。

がん免疫療法(治療)の 湘南メディカルクリニック