翻訳する en 中国語(簡体) 中国語(繁体) 韓国語 ベトナム語
アクセル+ブレーキ療法によるがん治療

当院の実績

当院のがん免疫治療の治療効果

ここで紹介している治療効果データは、湘南メディカルクリニック新宿院、大阪院、名古屋栄院、両国湘南メディカル記念病院で、2015年9月〜2017年11月にアクセル・ブレーキ療法であるがん免疫療法(NK細胞投与)NK・T細胞療法と免疫チェックポイント阻害剤であるニボルマブ
(抗PD-1抗体)
オプジーボ・
ニボルマブ
(抗PD-1抗体)
イピリムマブ
(抗CTLA-4抗体)
ヤーボイ・
イピリムマブ
(抗CTLA-4抗体)
の併用療法を少なくとも1クール(5回)以上行こなった患者様171名についてまとめたものです。

アクセル・ブレーキ療法を5回以上受けた患者様は、ほぼ9割近い方が腫瘍がそれ以上大きくならず、4分の3近くの患者様が、腫瘍の縮小を認めています。

詳細はこちら

がん免疫の最新情報を毎日更新中 新宿院 阿部院長のブログ

  • お問い合わせの割合
    (2017年9月時点)

  • 当院のがん免疫療法は
    患者様本人はもちろん、
    ご家族にも
    希望を与える治療として選ばれています。

    湘南メディカルクリニックにとって大切なのは患者様とご家族と治療に関わる医師との信頼関係です。
    身近にいて患者様のことを深く知るご家族の方のご意見だからこそ治療の近道を見出せると考えているからです。
    どんな些細なこともでも構いません。あなたの声を聞かせてください。
    患者様とご家族の声が「がん免疫治療」の中心だからです。
    あきらめないがん治療の実現と、どのような状態のがん患者様にも必ず希望の光を当てるべく、私たちはこれからも誠実に歩み続けます。

学会・講演会実績

湘南メディカルクリニックではがん免疫療法の学会、講演会活動を積極的に行っています。

国内未承認薬をなぜ当院で扱うのか

日本では新薬の承認が約4年遅れているといわれています。海外では使用が認められているのに、日本では認められていない新薬は数多く存在します。これは厚生労働省による承認が下りていないためです。日本で使えるようになるまでの時間差をドラッグラグといいます。

医薬産業政策研究所が調査したところ2000~2006年の日本の新薬のうち、比較可能な54品目のドラッグラグは約4年でした。その内訳は製薬企業が開発に着手するまでで2年、開発期間で約1年、承認審査の期間で約1年です。

政府もドラッグラグの問題は認識し、2015年7月、新薬の開発から承認までの期間を2年半短縮する方針を掲げました。政府は別の調査機関を基にドラッグラグは2年半と捉えており、これで欧米並みになると考えています。ニボルマブ
(抗PD-1抗体)
オプジーボ・
ニボルマブ
(抗PD-1抗体)
イピリムマブ
(抗CTLA-4抗体)
ヤーボイ・
イピリムマブ
(抗CTLA-4抗体)
の併用が、多くのがんに効くことはわかっていても、日本での認可の道はかなり程遠いのが現状です。

だからこそ、海外で効果が認められた新薬をいち早く日本でもお届けしたい。それが医師の使命だと思っています。

薬品名 承認国 承認年 効果
ニボルマブ 日本 2014年 メラノーマ、肺がん、腎がん、ホジキンリンパ腫
イピリムマブ 日本 2015年 メラノーマ
アテゾリズマブ 米国 2016年 尿路上皮がん
ペムブロリズマブ 日本 2016年 メラノーマ
ベザフィブラート 日本 1991年 高脂血症
ベバシズマブ 日本 2007年 肺がん、乳がん、大腸がん
エロツズマブ 日本 2016年 多発性骨髄腫

上記以外でも日々様々な新薬が誕生しております。
中には臨床試験にて有効性が証明できた新薬もございますので、その他新薬についてお問い合わせの際はこちらからご連絡ください。

新薬についてのお問い合わせはこちら

アクセル+ブレーキ療法®の効果

完全寛解の症例症状が消えて検査でも異常がなかった症例

  • 肝内胆管がん
    +肺転移(57歳男性)
    NK細胞5回投与
    +ニボルマブ(抗PD-1抗体)
    +イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)5回投与
    肝内胆管がん+肺転移(57歳男性)
  • 腎盂がん右気管支
    縦隔リンパ節転移(65歳男性)
    NK細胞2クール10回投与
    ニボルマブ(抗PD-1抗体)2クール10回投与
    +イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)2回投与
    腎盂がん右気管支<br>縦隔リンパ節転移|がん免疫療法(治療)
  • 乳がん術後再発、
    肺・脳多発転移(34歳女性)
    NK細胞1回投与+ニボルマブ(抗PD-1抗体)
    +イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)2回投与
    乳がん術後再発、肺・脳多発転移|がん免疫療法(治療)
  • 左乳がん手術不能例、
    両肺多発転移(55歳女性)
    NK細胞+ニボルマブ(抗PD-1抗体)
    1クール5回投与
    左乳がん手術不能例、両肺多発転移|がん免疫療法(治療)
  • 腎盂がん術後
    +リンパ節転移(76歳男性)
    NK細胞+ニボルマブ(抗PD-1抗体)20mg
    +イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)10mg 5回 併用療法
    腎盂がん術後+リンパ節転移(76歳男性)
  • 胃がん
    +肝転移(79歳男性)
    NK細胞21回+ニボルマブ(抗PD-1抗体)11回
    +イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)3回 併用療法
    胃がん<br>肝転移(79歳男性)

部分寛解の症例症状は改善されたが検査ではまだ一部に異常が残る症例

  • 胃・食道接合部がん術後再発
    +肝転移+腹膜播種(57歳女性)
    NK細胞6回投与
    +ニボルマブ(抗PD-1抗体)20mg4回投与
    ※オキサリプラチン+カペシタビン併用
    胃・食道接合部がん術後再発<br>+肝転移+腹膜播種|がん免疫療法(治療)
  • 肺がん、
    縦隔リンパ節転移(71歳男性)
    NK細胞
    +ニボルマブ(抗PD-1抗体)
    1クール5回投与
    肺がん、縦隔リンパ節転移|がん免疫療法(治療)
  • 左乳がん手術不能例、
    両肺多発転移(55歳女性)
    NK細胞
    +ニボルマブ(抗PD-1抗体)
    1クール5回投与
    左乳がん手術不能例、両肺多発転移|がん免疫療法(治療)
  • すい臓がん(72歳女性) NK細胞4回投与
    +ニボルマブ(抗PD-1抗体)20mg 2回併用
    腎盂がん右気管支<br>縦隔リンパ節転移|がん免疫療法(治療)
  • 腎盂がん術後、リンパ節移転(77歳男性) NK細胞7回+ニボルマブ(抗PD-1抗体)5回
    +イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)5回投与
    腎盂がん|がん免疫療法(治療)
  • 肝内胆管がん術後、化学療法後再発(65歳女性) NK細胞+ニボルマブ(抗PD-1抗体)
    +イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)3回投与
    肝内胆管がん術後、化学療法後再発|がん免疫療法(治療)
  • 膵がん(72歳女性) NK細胞4回投与
    +ニボルマブ(抗PD-1抗体)20mg 2回併用療法
    膵がん|がん免疫療法(治療)

ニボルマブ(抗PD-1抗体)始めての方が対象150,000円

乳がんステージⅣからの生還も可能な治療法

 

─ 説明会 / 新着情報 ─

免疫療法無料説明会

阿部院長による30分相談無料実施中

アクセル+ブレーキでがんを滅ぼす免疫療法

基礎免疫アップ療法

提携病院:湘南メディカル記念病院で行えるがん検診

がん治療は、検査による早期発見での
治療が求められます。

がん治療最新情報コラム

  • 2018.02.13 がん情報コラム「がんウイルス、治験開始、頭頸部がんとサルコーマ」 詳細はこちら
  • 2018.02.09 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    イピリムマブ
    (抗CTLA-4抗体)
    ヤーボイ・
    イピリムマブ
    (抗CTLA-4抗体)
    併用、P3試験で好結果 ファーストライン肺がんで」 詳細はこちら
  • 2018.02.02 がん情報コラム「ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)キイトルーダ・ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)、ソラフェニブ治療歴の肝細胞がんで効果」 詳細はこちら
  • 2018.01.30 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    イピリムマブ
    (抗CTLA-4抗体)
    ヤーボイ・
    イピリムマブ
    (抗CTLA-4抗体)
    併用、転移性大腸がんで有効性」 詳細はこちら
  • 2018.01.15 がん情報コラム「レンビマとペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)キイトルーダ・ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)の併用療法をブレークスルーセラピーに指定、米FDA、腎細胞がんで」 詳細はこちら
  • 2018.01.09 がん情報コラム「ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)キイトルーダ・ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)、尿路上皮がんの適応追加」 詳細はこちら
  • 2018.01.05 がん情報コラム「免疫療法・CAR-T療法、びまん性大細胞型B細胞リンパ腫DLBCLで有効性、JULIET試験」 詳細はこちら
  • 2017.12.26 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    、FDAが悪性黒色腫の術後補助療法で承認」 詳細はこちら
  • 2017.12.22 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    イピリムマブ
    (抗CTLA-4抗体)
    ヤーボイ・
    イピリムマブ
    (抗CTLA-4抗体)
    併用、FDAが申請受理、腎がんで」 詳細はこちら
  • 2017.12.19 がん情報コラム「抗PD-L1抗体、ベバシズマブアバスチンと併用、腎細胞がんで好結果、P3試験」 詳細はこちら
  • 2017.12.15 がん情報コラム「抗PD-L1抗体と ベバシズマブアバスチン併用、肺がんで好成績、P3試験」 詳細はこちら
  • 2017.12.12 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    、悪性胸膜中皮腫でオーファン指定」 詳細はこちら
  • 2017.12.08 がん情報コラム「ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)キイトルーダ・ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)、ホジキンリンパ腫の適応追加」 詳細はこちら
  • 2017.12.05 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    イピリムマブ
    (抗CTLA-4抗体)
    ヤーボイ・
    イピリムマブ
    (抗CTLA-4抗体)
    の併用療法が、腎細胞がんで受理」 詳細はこちら
  • 2017.11.21 がん情報コラム「がん光免疫療法、国内でも治験へ、米で実績」 詳細はこちら
  • 2017.11.17 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    イピリムマブ
    (抗CTLA-4抗体)
    ヤーボイ・
    イピリムマブ
    (抗CTLA-4抗体)
    併用、腎細胞がんの全生存期間を延長」 詳細はこちら
  • 2017.11.14 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    、進行腎がんの全生存期間を延長、P3試験結果」 詳細はこちら
  • 2017.11.10 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    、台湾でPD-L1発現レベルの条件撤廃、頭頸部扁平上皮がんで」 詳細はこちら
  • 2017.11.07 がん情報コラム「抗PD-1抗体、肺がん生存期間が化学療法の2倍以上、P3試験で」 詳細はこちら
  • 2017.10.31 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    が悪性中皮腫にオーファン指定」 詳細はこちら
  • 2017.10.27 がん情報コラム「抗PD-L1抗体薬、FDAが肺がんで追加承認申請を受理 」 詳細はこちら
  • 2017.10.24 がん情報コラム「抗PD-L1抗体デュルバルマブ、欧州初の申請が肺がんで受理」 詳細はこちら
  • 2017.10.20 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    イピリムマブ
    (抗CTLA-4抗体)
    ヤーボイ・
    イピリムマブ
    (抗CTLA-4抗体)
    の併用療法が末期患者で1年生存率62%を達成、肺小細胞がんで」 詳細はこちら
  • 2017.10.17 がん情報コラム「小野薬品、XPO1阻害剤2剤で独占商業化権を取得、アジアで全がん種が対象」 詳細はこちら
  • 2017.10.13 がん情報コラム「ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)キイトルーダ・ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)の胃がん先駆け指定取り消しへ」 詳細はこちら
  • 2017.10.10 がん情報コラム「CAR-T療法の課題~費用、流通、工場、固形がんへの応用」 詳細はこちら
  • 2017.10.06 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    が米で肝細胞がんの適応取得」 詳細はこちら
  • 2017.10.03 がん情報コラム「抗PD-L1抗体、欧州で初承認~非小細胞肺がん、尿路上皮がんで」 詳細はこちら
  • 2017.09.29 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    が胃がんに保険適応~抗がん剤を2種やった人限定」 詳細はこちら
  • 2017.09.25 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    が効かない人にも効果が出るような研究に着手」 詳細はこちら
  • 2017.09.22 がん情報コラム「抗PD-1抗体薬と分子標的薬の併用で93%の腎がんが縮小」 詳細はこちら ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
  • 2017.09.19 がん情報コラム「と分子標的薬の併用治験が開始~がん増殖抑制因子との併用」 詳細はこちら
  • 2017.09.15 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    イピリムマブ
    (抗CTLA-4抗体)
    ヤーボイ・
    イピリムマブ
    (抗CTLA-4抗体)
    併用療法が、腎がんでP3達成へ」 詳細はこちら
  • 2017.09.12 がん情報コラム「国内初の抗PD-L1抗体が承認へ~バベンチオ(アベルマブ)」 詳細はこちら
  • 2017.09.11 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    が胃がんで承認へ、ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)キイトルーダ・ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)は先駆け取り消しに」 詳細はこちら
  • 2017.09.04 がん情報コラム「CARーT療法が世界初承認、ノバルティスの「キムリア」、他社に先駆け米国で」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2017.09.01 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    が韓国で適応が一気に拡大」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2017.08.28 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    胃がん10月に承認予定」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2017.08.21 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    が台湾で4つ目の適応取得、頭頸部扁平上皮がんで」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2017.08.18 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    イピリムマブ
    (抗CTLA-4抗体)
    ヤーボイ・
    イピリムマブ
    (抗CTLA-4抗体)
    の併用で奏効率達成、腎細胞がんのP3試験」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2017.08.11 がん情報コラム「オンコセラピー社が開発中のMELK阻害剤に関する物質特許を欧州で取得」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2017.07.28 がん情報コラム「アテゾリズマブ(抗PD-L1抗体)、欧州で承認勧告、肺がんと尿路上皮がんで」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2017.07.24 がん情報コラム「ニボルマブ(抗PD-1抗体)、化学療法との併用にも注力、小野薬品、低分子薬も開発」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2017.07.21 がん情報コラム「ナノキャリア社、NC-6300がオーファン指定、軟部肉腫でFDAから」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2017.07.19 がん情報コラム「免疫染色検査の役割」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2017.07.17 がん情報コラム「培養士の技術力がもたらす、がん治療革新」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2017.07.10 がん情報コラム「アストラゼネカ(AZ)の抗PD-L1抗体、国内は肺がん維持療法から」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2017.07.07 がん情報コラム「ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)キイトルーダ・ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)とIDO阻害剤の併用に期待」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2017.06.27 がん情報コラム「ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)キイトルーダ・ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)の尿路上皮がん、厚労省が優先審査指定」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2017.06.26 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    、持続的な奏効確認、再発・進行の古典的ホジキンリンパ腫で」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2017.06.23 がん情報コラム「ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)キイトルーダ・ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)、非小細胞肺がん初回治療で好結果、最新のP3試験で」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2017.06.22 がん情報コラム「ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)キイトルーダ・ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)、P1/2試験で3つのがんに効果、エパカドスタットとの併用で」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2017.06.21 がん情報コラム「ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)キイトルーダ・ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)の併用療法、有用性持続 未治療NSCLCの追跡データで」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2017.06.20 がん情報コラム「ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)キイトルーダ・ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)、酵素阻害薬と併用で効果、進行非小細胞肺がんで」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2017.06.19 がん情報コラム「ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)キイトルーダ・ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)、尿路上皮がん2次治療で全生存期間延長」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2017.06.16 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    、悪性中皮腫で有望な病勢コントロール率、イピリムマブ
    (抗CTLA-4抗体)
    ヤーボイ・
    イピリムマブ
    (抗CTLA-4抗体)
    との併用でも」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2017.06.15 がん情報コラム「ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)キイトルーダ・ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)、MSI-H/dMMRの進行固形がんで奏効持続 米メルク社」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2017.06.14 がん情報コラム「ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)キイトルーダ・ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)イピリムマブ
    (抗CTLA-4抗体)
    ヤーボイ・
    イピリムマブ
    (抗CTLA-4抗体)
    との比較でOS改善」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2017.06.13 がん情報コラム「がん免疫療法薬、米で240種類超が開発中 PhRMA報告書」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2017.06.12 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    イピリムマブ
    (抗CTLA-4抗体)
    ヤーボイ・
    イピリムマブ
    (抗CTLA-4抗体)
    の併用で抗腫瘍活性示す、P2試験結果、脳転移ある悪性黒色腫患者で」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2017.06.09 がん情報コラム「ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)キイトルーダ・ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)のP2試験、奏効率11.6% ASCOで発表、進行胃がんの2次治療で」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2017.06.06 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    、尿路上皮がんで承認 欧州委員会」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2017.06.05 新宿院院長 阿部吉伸院長の演題が第21回 日本がん免疫学会総会に採択されました。詳細はこちら
  • 2017.05.29 がん情報コラム「ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)キイトルーダ・ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)、米国でがん種に関わらず承認へ、共通のバイオマーカーを有する固形がんが対象」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2017.05.26 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    の肝細胞がん、FDAが受理 優先審査対象で」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2017.05.15 がん情報コラム「高齢者進行肺扁平上皮がんへのニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    初回治療、継続審議に 先進医療合同会議」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2017.05.10 がん情報コラム「AZの抗PD-L1抗体デュルバルマブ、米で初承認 適応は尿路上皮がん」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2017.05.09 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    、欧州で頭頸部がんの承認取得 7つ目の適応」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2017.04.28 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    、放射線療法との相乗効果に注目、国がん東病院が発表」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2017.04.25 がん情報コラム「厚労省、新たにニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    の胆道がんを先駆け指定」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2017.04.24 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    、胃がん治療ガイドラインで3次治療に推奨」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2017.04.22 当院の症例が鹿児島で開かれる第105回日本泌尿器科学会総会で発表されました。
  • 2017.04.21 がん情報コラム「アテゾリズマブ
    (抗PD-L1抗体)
    テセントリク・
    アテゾリズマブ
    (抗PD-L1抗体)
    、米で膀胱がん1次治療の迅速承認取得 スイス・ロシュの抗PD-L1抗体」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2017.04.11 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    、転移性大腸がんで優先審査、米FDAが受理」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2017.04.10 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    イピリムマブ
    (抗CTLA-4抗体)
    ヤーボイ・
    イピリムマブ
    (抗CTLA-4抗体)
    併用投与群、生存期間有意に改善、進行期悪性黒色腫のP3試験」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2017.04.07 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    の推定5年生存率16%、治療歴あり進行期肺がん患者で」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2017.04.05 がん情報コラム「ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)キイトルーダ・ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)、進む治験、適応拡大」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2017.03.27 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    、頭頸部がんで適応追加 国内免疫CP阻害薬で初」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2017.03.22 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    など、汎用性高い検査の確立や新規マーカー開発など、効果予測の課題解決に向け」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2017.03.17 がん情報コラム「抗PD-L1抗体アベルマブ、転移性尿路上皮がんで申請受理(米FDA)」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2017.03.08 がん情報コラム「抗PD-L1抗体アベルマブが国内で申請」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2017.03.06 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    、頭頸部がんの適応拡大」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2017.02.24 がん情報コラム「抗PD-L1抗体、尿路上皮がんの2次治療、P1/2試験で良好なデータ」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2017.02.22 当院で免疫チェックポイント阻害剤イピリムマブ
    (抗CTLA-4抗体)
    ヤーボイ・
    イピリムマブ
    (抗CTLA-4抗体)
    投与が初めての方対象の治療料金を追加致しました。 詳細はこちら
  • 2017.02.21 がん情報コラム「アテゾリズマブ
    (抗PD-L1抗体)
    テセントリク・
    アテゾリズマブ
    (抗PD-L1抗体)
    で初の申請」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2017.02.20 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    、抗がん剤との併用を模索」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2017.02.17 がん情報コラム「ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)キイトルーダ・ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)の発売が開始」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2017.02.16 がん治療最新情報【新薬】のコンテンツを追加致しました。詳細はこちら
  • 2017.02.10 基礎免疫アップ療法を開始致しました。詳細はこちら
  • 2017.02.08 がん情報コラム「ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)キイトルーダ・ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)の薬価は、ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    と同額」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2017.02.06 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    、米で尿路上皮がんの承認取得」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2017.01.30 「国内未承認薬をなぜ当院で扱うのか」コンテンツを追加致しました。
  • 2017.01.27 がん情報コラム「イピリムマブ
    (抗CTLA-4抗体)
    ヤーボイ・
    イピリムマブ
    (抗CTLA-4抗体)
    との併用はペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)キイトルーダ・ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)が先行」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2017.01.16 がん情報コラム「ロシュのアテゾリズマブ
    (抗PD-L1抗体)
    テセントリク・
    アテゾリズマブ
    (抗PD-L1抗体)
    、進行膀胱がんで2度目の優先審査指定」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2017.01.01 ベザフィブラートの取扱いを開始致しました。詳細はこちら
  • 2017.01.01 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    とベザフィブラートの併用療法」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2016.12.28 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    、胃がんで申請」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2016.12.20 がん情報コラム「ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)キイトルーダ・ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)が肺がんの適応取得」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2016.12.16 がん情報コラム「ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)キイトルーダ・ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)、肺がん1次治療でQOL改善」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2016.12.13 がん情報コラム「抗がん剤と抗PD-1抗体の併用で奏効率33.3%~転移性トリプルネガティブ乳がんで」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2016.12.12 がん情報コラム「抗PD-L1抗体アベルマブ、FDAが優先審査品目指定 審査期間が6カ月に短縮へ」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2016.12.09 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    イピリムマブ
    (抗CTLA-4抗体)
    ヤーボイ・
    イピリムマブ
    (抗CTLA-4抗体)
    併用、肺がん1次治療で有望な結果」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2016.12.08 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    イピリムマブ
    (抗CTLA-4抗体)
    ヤーボイ・
    イピリムマブ
    (抗CTLA-4抗体)
    併用、小細胞肺がんで有望な結果」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2016.12.01 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    が欧州でもホジキンリンパ腫の適応追加」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2016.11.25 がん情報コラム「ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)キイトルーダ・ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)肺がんの1次治療にも使用可能に」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2016.11.24 2016年11月20日(日)東京国際フォーラムでの国際抗老化再生医療学会 第二回 免疫細胞療法にて、阿部 吉伸 医師が「アクセル+ブレーキ療法®の効果について」講演を行いました。詳細はこちら
  • 2016.11.22 がん情報コラム「ウレルマブと「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    」併用、悪性黒色腫で抗腫瘍効果 米BMSの国際P1/2試験」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2016.11.21 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    イピリムマブ
    (抗CTLA-4抗体)
    ヤーボイ・
    イピリムマブ
    (抗CTLA-4抗体)
    併用療法が進行膀胱がんで有効」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2016.11.18 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    が頭頸部がんのFDA承認取得」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2016.11.16 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    の薬価は50%下げ、来年2月1日で調整」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2016.11.02 がん情報コラム「米FDAがペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)キイトルーダ・ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)を転移性非小細胞肺がんの1次治療で承認」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2016.11.01 がん情報コラム「肺がんのガイドライン改訂で抗PD-1抗体の位置付けが焦点に」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2016.10.31 がん情報コラム「肺癌学会と患者会がペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)キイトルーダ・ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)の1次治療の早期承認を要望」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2016.10.28 がん情報コラム「抗PD-L1抗体と抗CTLA-4抗体の併用治験を強化」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2016.10.27 がん情報コラム「アテゾリズマブ
    (抗PD-L1抗体)
    テセントリク・
    アテゾリズマブ
    (抗PD-L1抗体)
    、米FDAが肺がんに承認」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2016.10.26 がん情報コラム「小野薬品がペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)キイトルーダ・ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)を巡りMSDを特許権侵害で提訴」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2016.10.25 がん情報コラム「ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)キイトルーダ・ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)が11月薬価収載見送りに~ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    薬価の決着後に」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2016.10.24 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    が頭頸部扁平上皮がんの全生存期間を延長」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2016.10.21 がん情報コラム「抗PD-L1抗体、アテゾリズマブ、米で肺がんの適応認可取得」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2016.10.18 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    のホジキンリンパ腫への保険適応が審議されます。」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2016.10.17 がん情報コラム「抗PD-L1抗体アテゾリズマブ、PD-L1の発現によらず全生存期間を有意に延長~ロシュ、非小細胞肺がんのP3試験で」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2016.10.14 がん情報コラム「レンビマとペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)キイトルーダ・ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)の併用が固形がんで奏効率69.2%~米国での治験結果」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2016.10.13 がん情報コラム「ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)キイトルーダ・ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)単剤で無増悪生存期間延長」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2016.09.23 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    、進行膀胱がんの適応追加申請」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2016.09.09 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    が腎細胞がんの適応取得、国内3つ目」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2016.09.07 がん情報コラム「ロシュの抗PD-L1抗体、アテゾリズマブが非小細胞肺がんの治験で主要項目達成」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2016.08.30 がん情報コラム「ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)キイトルーダ・ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)登場、早ければ11月に保険収載へ」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2016.08.29 がん情報コラム「がんのウイルス療法とニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    の併用療法の治験開始」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2016.08.12 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    が肺がんに効かない!?」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2016.08.10 電子雑誌「SUPER CEO」に阿部吉伸医師が紹介され、アクセル+ブレーキ療法®を用いたがん免疫療の開発者としてインタビューが掲載されました。 雑誌と動画の詳細はこちら
  • 2016.08.08 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    が、腎細胞がんの効能追加」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2016.07.28 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    が、頭頸部がんの適応追加申請、国内5つ目」を追記致しました。詳細はこちら
  • 2016.07.26 がん情報コラム「日本再生医療学会が治療賠償補償制度を創設し、今年11月から運用を開始」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2016.07.25 がん情報コラム「抗PD-L1抗体、アベルマブ、卵巣がんでP3試験開始」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2016.07.22 がん情報コラム「抗PD-L1抗体、アテゾリズマブ、7つのがんでP3試験段階に」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2016.07.21 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    が頭頸部がんの認可に向け審査が開始」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2016.07.20 がん情報コラム「ベトナムの首都ハノイにて、阿部吉伸医師によるアクセル+ブレーキ療法®を用いたがん免疫療法説明会が開催されました。」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2016.07.20 がん情報コラム「米FDAが、尿路上皮がんに抗PD-L1抗体を承認」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2016.07.15 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    投与後のタグリッソ使用で副作用増大、間質性肺炎に」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2016.07.12 がん情報コラム「小野薬品が、アクセル+ブレーキ療法®の開発に着手」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2016.07.11 がん情報コラム「腫瘍融解ウイルス、テロメライシンが難治性骨肉腫への治療効果を増強」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2016.07.08 がん情報コラム「新しいがん免疫薬(アデノシンA2a受容体拮抗薬)、P1治験開始」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2016.07.07 がん情報コラム「腫瘍溶解ウイルスとニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    との併用効果を検討」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2016.07.04 がん情報コラム「2012年のがん罹患数は86.5万人」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2016.07.01 がん情報コラム「抗PD-L1抗体アベルマブが、転移性メルケル細胞がんに効果ありと判定」を追記致しました。詳細はこちら
  • 2016.06.30 がん情報コラム「米FDAがニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    を進行期膀胱がんでブレークスルーセラピー(画期的治療薬)指定」を追記致しました。詳細はこちら
  • 2016.06.27 がん情報コラム「PD-1発見者が「真の生理機能は明確ではない」と述べる。」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2016.06.26 湘南メディカルクリニック新宿院 院長 医学博士である阿部 吉伸医師による著書「アクセル+ブレーキでがんを滅ぼす免疫療法」が発売致しました。詳細はこちら
  • 2016.06.17 がん情報コラム「がん細胞を正常化し、がんを治療する新しい概念の研究が進行中」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2016.06.13 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    イピリムマブ
    (抗CTLA-4抗体)
    ヤーボイ・
    イピリムマブ
    (抗CTLA-4抗体)
    の併用療法が、大腸がんで高い奏効率」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2016.06.10 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    イピリムマブ
    (抗CTLA-4抗体)
    ヤーボイ・
    イピリムマブ
    (抗CTLA-4抗体)
    の併用で、肺がんの奏効率が単剤の2倍に、副作用は同等」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2016.06.09 がん情報コラム「アクセルだけの免疫療法では、がんは消えにくい」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2016.06.07 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    イピリムマブ
    (抗CTLA-4抗体)
    ヤーボイ・
    イピリムマブ
    (抗CTLA-4抗体)
    はじめ、メラノーマの新薬が続出」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2016.05.31 がん情報コラム「抗PD-1抗体が効く人が、事前に分かるかもしれない研究結果が発表されました。」を追記致しました。詳細はこちら
  • 2016.05.30 がん情報コラム「抗PD-1抗体、キートルーダの3年生存率は40%に」を追記致しました。詳細はこちら
  • 2016.05.27 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    で進行期非小細胞肺がんの生存期間が改善。詳細はこちら
  • 2016.05.25 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    が自家造血幹細胞移植治療で米国承認取得」を追記致しました。詳細はこちら
  • 2016.05.23 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    イピリムマブ
    (抗CTLA-4抗体)
    ヤーボイ・
    イピリムマブ
    (抗CTLA-4抗体)
    の併用療法が欧州で初めて承認を取得」を追記致しました。詳細はこちら
  • 2016.05.18 がん情報コラム「ベバシズマブアバスチンの治療を開始しました。」を追加致しました。詳細はこちら
  • 2016.05.13 がん情報コラム「小野薬品が山口市にニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    製造の新工場を建設し、2020年に操業開始を目指す」を追記致しました。詳細はこちら
  • 2016.05.11 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    が台湾でも承認されました」を追記致しました。詳細はこちら
  • 2016.05.10 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    が頭頸部がんで、米国FDAからブレイクスルー・セラピー指定を受ける」を追記致しました。詳細はこちら
  • 2016.04.27 がん情報コラム「腎がんで、抗PD-L1抗体・アベルマブと、インライタ併用療法が国際フェーズ3治験開始」を追記致しました。詳細はこちら
  • 2016.04.26 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    が米国でホジキンリンパ腫への適応拡大が優先審査に」を追記致しました。詳細はこちら
  • 2016.04.21 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    の副作用で、劇症1型糖尿病にあらためて注意喚起~厚労省」を追記致しました。詳細はこちら
  • 2016.04.15 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    が欧州で進行・再発の非小細胞肺がんの承認取得」を追記致しました。詳細はこちら
  • 2016.04.13 がん情報コラム「MSD、抗PD-1抗体で大鵬薬品と共同販売、ペムブロリズマブの認可を見据え」を追記致しました。詳細はこちら
  • 2016.04.12 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    が欧州で、腎がんの適応追加」を追記致しました。詳細はこちら
  • 2016.04.11 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    の薬価下げが必要」を更新致しました。詳細はこちら
  • 2016.04.08 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    イピリムマブ
    (抗CTLA-4抗体)
    ヤーボイ・
    イピリムマブ
    (抗CTLA-4抗体)
    の併用を欧州が承認」を追記致しました。詳細はこちら
  • 2016.04.07 がん情報コラム「高額な新薬の薬価、ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    を財政審が検討を開始」を更新致しました。詳細はこちら
  • 2016.04.06 がん情報コラム「抗PD-1抗体が韓国でも非小細胞肺がんの適応を追加」を追記致しました。詳細はこちら
  • 2016.03.29 がん情報コラム「抗PD-L1抗体、FAK阻害剤と併用試験へ 独メルク・米ファイザーなど3社」を追記致しました。詳細はこちら
  • 2016.03.25 がん情報コラム「世界より4年遅れる日本 新薬審査員が少ない」を更新致しました。詳細はこちら
  • 2016.03.24 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    の適応追加申請、ホジキンリンパ腫で」を追記致しました。詳細はこちら
  • 2016.03.23 がん情報コラム「抗PD-1抗体が焦点に 2017年の胃がん治療ガイドライン改訂」を更新致しました。詳細はこちら
  • 2016.03.18 がん情報コラム「抗PD-1抗体を「ホジキンリンパ腫」で厚労省がオーファン指定」を更新致しました。詳細はこちら
  • 2016.02.10 がん情報コラム「抗PD-L1抗体アベルマブ、ブレークスルーセラピーに~来年2017年承認発売見込み」を更新致しました。詳細はこちら
  • 2016.02.03 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    の頭頸部がん治験フェーズ3が、主要評価項目の早期達成で終了!」を更新致しました。詳細はこちら
  • 2016.02.01 がん情報コラム「FDAが免疫阻害剤の併用を承認(2016年1月28日の進捗)」を更新致しました。詳細はこちら
  • 2016.01.29 がん情報コラム「がんは免疫治療(免疫チェックポイント阻害薬併用)で高い効果」を更新致しました。日経産業新聞にて報道された免疫チェックポイント阻害剤により肺がんが50%以上治る記事について、阿部院長が詳しく解説致します。」を更新致しました。詳細はこちら
  • 2016.01.28 がん情報コラム「胃がんにニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    が有効!」を更新致しました。詳細はこちら
  • 2016.01.20 がん情報コラム「FDAが進行腎がんの治療にニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    を承認」を更新致しました。詳細はこちら
  • 2015.12.28 がん情報コラム「当院独自の世界初、免疫アクセル+ブレーキ療法®について」を更新致しました。詳細はこちら
  • 2015.12.21 がん情報コラム「転移がある乳癌でも手術をすれば生存期間を延長できる!」を更新致しました。詳細はこちら
  • 2015.12.04 フジテレビ番組「バイキング」で当院が取材を受け、阿部医師が免疫チェックポイント阻害剤を使用した「アクセル+ブレーキ療法®」による癌(がん)治療に関して解説させて頂きました。
    アクセル+ブレーキ療法®の詳細はこちら
  • 2015.12.04 がん情報コラム「がん予防と検診」を更新致しました。詳細はこちら
  • 2015.12.01 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    に肺がん」を更新致しました。詳細はこちら
  • 2015.11.27 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    適応拡大」を更新致しました。詳細はこちら
  • 2015.11.24 がん情報コラム「フューズ3の治験でも」を更新致しました。詳細はこちら
  • 2015.11.20 新治療メニューとして「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    イピリムマブ
    (抗CTLA-4抗体)
    ヤーボイ・
    イピリムマブ
    (抗CTLA-4抗体)
    の併用療法」を開始致しました。詳細はこちら
  • 2015.11.20 新治療メニューとして「イピリムマブ
    (抗CTLA-4抗体)
    ヤーボイ・
    イピリムマブ
    (抗CTLA-4抗体)
    」を開始致しました。詳細はこちら
  • 2015.11.19 がん情報コラム「FDAがニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    イピリムマブ
    (抗CTLA-4抗体)
    ヤーボイ・
    イピリムマブ
    (抗CTLA-4抗体)
    の併用療法を承認」を更新致しました。詳細はこちら
  • 2015.11.05 免疫治療無料説明会の日程を更新致しました。詳細はこちら
  • 2015.11.05 NHK『クローズアップ現代』で免疫療法が放送されました。
  • 2015.11.04 がん情報コラム「がん治療が変わる~日本初の新・免疫療法『アクセル+ブレーキ療法』」を更新致しました。詳細はこちら
  • 2015.09.17 がん情報コラム「肝がんと肺がんは治療困難」を更新致しました。詳細はこちら
  • 2015.09.16 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    の副作用報告について」を更新致しました。詳細はこちら
  • 2015.09.09 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    で卵巣がんが消えた!」を更新致しました。詳細はこちら
  • 2015.08.31 がん免疫療法(NK細胞投与)NK・T細胞療法と併用し免疫機能を高める「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    の点滴治療」を更新致しました。詳細はこちら
  • 2015.08.17 がん情報コラム「ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    オプジーボ・
    ニボルマブ
    (抗PD-1抗体)
    でがん治療が変わる!?」を更新致しました。詳細はこちら
  • 2015.08.11 がん情報コラム「抗PD-1抗体は皮膚の副作用がある方がいい!?」を更新致しました。詳細はこちら
  • 2015.08.10 がん情報コラム「重粒子線治療は効かない!?」を更新致しました。詳細はこちら
  • 2015.08.05 がん情報コラム「医者が言う余命は3割も当らない」を更新致しました。詳細はこちら
  • 2015.08.04 がん情報コラム「日本人男性のがんで大腸が初の1位に」を更新致しました。詳細はこちら
  • 2015.07.21 がん情報コラム「肝がん手術は症例数が多い病院ほど死亡率が低い」を更新致しました。詳細はこちら
  • 2015.07.17 がん情報コラム「50代働き盛りの命を奪う胆管がんとは!?」を更新致しました。詳細はこちら
  • 2015.07.16 がん情報コラム「C型肝炎のインターフェロン・フリー療法は、3カ月でなんと500万円!」を更新致しました。詳細はこちら
  • 2015.07.15 がん情報コラム「C型肝炎ウイルス排除後に残る発がんリスク」を更新致しました。詳細はこちら
  • 2015.07.14 がん情報コラム「新しいがんワクチンを開発中です!」を更新致しました。詳細はこちら
  • 2015.07.13 がん情報コラム「C型肝炎はインターフェロンなしで治せる!?」を更新致しました。詳細はこちら
  • 2015.07.10 がん情報コラム「尿一滴でがんがわかる!?」を更新致しました。詳細はこちら
  • 2015.07.09 がん情報コラム「難治性乳がんの核酸医薬治験が開始!」を更新致しました。詳細はこちら
  • 2015.07.08 がん情報コラム「乳がんの抗がん剤治療で、最も苦痛なのは!?」を更新致しました。詳細はこちら
  • 2015.07.07 がん情報コラム「某大企業役員の薬剤密輸入問題とがん疼痛」を更新致しました。詳細はこちら
  • 2015.07.06 がん情報コラム「脳腫瘍の遺伝子分類は、従来の組織分類よりも予後がわかる!?」を更新致しました。詳細はこちら
  • 2015.07.03 がん情報コラム「ワントラム:1日1回投与の新しいがん鎮痛薬」を更新致しました。詳細はこちら
  • 2015.07.02 がん情報コラム「血液中を循環するがん細胞を検出・採取する技術が登場!」を更新致しました。詳細はこちら
  • 2015.07.01 がん情報コラム「がん患者様の社会復帰」を更新致しました。詳細はこちら
  • 2015.06.08 湘南メディカルクリニック新宿院 院長 医学博士である阿部 吉伸医師による著書「がん免疫療法(NK細胞投与)NK・T細胞療法」が発売致しました。詳細はこちら
  • 2015.04.29 ブログ開始しました。詳細はこちら
  • 2015.04.29 フェイスブック開始しました。詳細はこちら
  • 2015.04.27 がん治療情報コラムを掲載開始致しました。詳細はこちら
  • 2015.04.13 湘南メディカルクリニック免疫療法サイトをオープン致しました。
当院では自身の血液を採取してリンパ球を活性化し治療を行う副作用が少ないがん療法を行っています。

ニボルマブ
(抗PD-1抗体)
オプジーボ・
ニボルマブ
(抗PD-1抗体)
イピリムマブ
(抗CTLA-4抗体)
ヤーボイ・
イピリムマブ
(抗CTLA-4抗体)
には重篤な副作用が報告されています。これら副作用を小さく、かつ早期発見するために、当院では独自の少量投与法と事前採血検査を毎回行っていますが、万が一、副作用が発現した場合、当院では治療できません。紹介状を作成の上、他院へ紹介し、治療という形になります。以上の事項をすべてご同意・ご承諾いただいた方のみの治療となりますので、予めご了承ください。」

副作用発現時の対応につきまして:
ニボルマブ
(抗PD-1抗体)
オプジーボ・
ニボルマブ
(抗PD-1抗体)
イピリムマブ
(抗CTLA-4抗体)
ヤーボイ・
イピリムマブ
(抗CTLA-4抗体)
の副作用で重篤なのは間質性肺炎です。採血検査でKL-6高値例は、湘南メディカル記念病院で即CTを撮って、すりガラス陰影を確認し、他院に紹介します。副腎不全、甲状腺機能亢進低下は毎回の採血検査と紹介状で早期対応します。大腸炎については湘南メディカル記念病院の消化器内科専門医である春山先生にコンサルトし、必要あれば、大腸ファイバーをして診断・治療していただきます。その他、肝機能、腎機能、貧血、糖尿病を毎回採血検査で数値を診ていきます。

免疫治療なら湘南メディカルクリニックへご相談ください。

 

当院におけるニボルマブ
(抗PD-1抗体)
オプジーボ・
ニボルマブ
(抗PD-1抗体)
イピリムマブ
(抗CTLA-4抗体)
ヤーボイ・
イピリムマブ
(抗CTLA-4抗体)
副作用発現頻度

副作用
当院統計
小野薬品統計
間質性肺炎
3/300例
(1%)
247/8077例
(3%)
肝機能障害
10/300例
(3.3%)
116/8077例
(1.4%)
甲状腺機能低下症
3/300例
(1%)
212/8077例
(2.6%)
甲状腺機能亢進症
1/300例
(0.3%)
106/8077例
(1.3%)
副腎機能不全
3/300例
(1%)
13/8077例
(0.1%)
大腸炎
5/300例
(1.6%)
21/8077例
(0.2%)
下痢
-
167/8077例
(2%)
発疹
5/300例
(1.6%)
118/8077例
(1.4%)
しびれ
1/300例
(0.3%)
0/8077例
(0%)
むくみ
1/300例
(0.3%)
0/8077例
(0%)

※小野薬品の8077症例とほぼ同等。

 

 

─ メニュー一覧 ─

 

癌(がん)治療・免疫療法NK・T細胞療法 PageTopへ

新着情報

医療法人 湘美会
湘南メディカルクリニック
がん免疫療法

湘南メディカルクリニックがん免疫療法お問い合わせはこちら

診療時間 AM10:00~PM7:00
新宿 0120-798-300
大阪 0120-719-600
仙台 0120-961-215
名古屋栄 0120-979-784
両国 0120-279-219

がん免疫療法無料説明会日程
新宿

2/25(日) 定員:15名

13:00~(受付開始12:30) お申込みはこちら
大阪

2/25(日) 定員:10名

13:00~(受付開始12:30) お申込みはこちら
仙台

2/27(火) 定員:8名

13:00~(受付開始12:30) お申込みはこちら
名古屋栄

2/24(土) 定員:8名

13:00~(受付開始12:30) お申込みはこちら
両国【予約不要】

2/23(金) 定員制限なし

13:00~(受付開始12:30) 詳細はこちら

阿部院長ブログ
川森医師ブログ
藤井医師ブログ
メディア掲載情報
ドクターズファイル
NKアクティベート

阿部院長著書情報
採用情報

Copyright © 医療法人 湘美会 湘南メディカルクリニック がん免疫療法サイト All Rights Reserved.
初診予約
30分無料相談
実施中
メール相談
医師が答える
無料メール相談
資料請求
がん免疫療法の
詳細資料を
お届け

がん免疫療法
無料説明会

  • 新 宿 2/25(日)
  • 大 阪 2/25(日)
  • 仙 台 2/27(火)
  • 名古屋栄 2/24(土)
  • 両 国 2/23(金)