免疫チェックポイント阻害剤について

ニボルマブ(抗PD-1抗体)始めての方が対象170,000円
乳がんステージⅣからの生還も可能な治療法

説明会 / 新着情報

阿部院長による30分相談無料実施中
アクセル+ブレーキでがんを滅ぼす免疫療法

提携病院:湘南メディカル記念病院で行えるがん検診

がん治療は、検査による早期発見での治療が求められます。

がん治療最新情報コラム

2020.01.17

がん情報コラム「パージェタとハーセプチンの配合剤が開発される」

2020.01.17

がん情報コラム「国内初、人工心肺を用いず弁形成術に成功」

2020.01.14

がん情報コラム「坂上忍さんの眼から脂肪が!?」

2020.01.14

がん情報コラム「CAR-T、多発性骨髄腫の奏効率100%」

2020.01.10

がん情報コラム「肝がん、塞栓術とソラフェニブの併用で生存期間が2倍に」

2020.01.10

がん情報コラム「禁煙後10年で心血管リスクは低下」

2020.01.07

がん情報コラム「免疫療法で骨髄腫の全奏効率が80%以上に」

2020.01.07

がん情報コラム「耐性菌で年間8000人が死亡」

2020.01.06

がん情報コラム「心筋症治療に免疫療法!?」

2020.01.06

がん情報コラム「耐性菌と耐性インフルは違う」

2019.12.27

がん情報コラム「ザンタックで胃がんに」

2019.12.27

がん情報コラム「腫瘍血管新生抑制剤レンバチニブ」

2019.12.24

がん情報コラム「乳房再生に脂肪幹細胞」

2019.12.24

がん情報コラム「新薬とペムブロリズマブの治験が開始」

2019.12.23

がん情報コラム「11月の医薬品売上、ペムブロリズマブが首位」

2019.12.23

がん情報コラム「ペムブロリズマブ、肺がんの5年生存率25%に」

2019.12.20

がん情報コラム「ブタで膵臓を作る」

2019.12.20

がん情報コラム「がん検診革命リキッドバイオプシーの普及」

2019.12.17

がん情報コラム「AIネオアンチゲン予測システムによる免疫療法が開始」

2019.12.17

がん情報コラム「軽症の薬は保険外に」

2019.12.16

がん情報コラム「武田薬品、卵巣がん新薬を発売」

2019.12.16

がん情報コラム「抗PD-L1抗体アテゾリズマブ(抗PD-L1抗体)、乳がん用に840mgを発売」

2019.12.13

がん情報コラム「ニボルマブ(抗PD-1抗体)、4週間隔投与の申請へ」

2019.12.13

がん情報コラム「職業性胆管がんにニボルマブ(抗PD-1抗体」

2019.12.10

がん情報コラム「ALK陽性肺がんに新薬が好結果」

2019.12.10

がん情報コラム「抗PD-L1抗体とベバシズマブが肝がんに有効」

2019.12.09

がん情報コラム「重症脳梗塞患者が幹細胞で歩けるように」

2019.12.09

がん情報コラム「がん免疫療法が幅広く使われる腎がん」

2019.12.06

がん情報コラム「1滴の血液から2時間以内に99%がん検出」

2019.12.06

がん情報コラム「肺がんの抗EGFR抗体薬が発売に」

2019.12.03

がん情報コラム「国産の経鼻インフルワクチンが開発」

2019.12.02

がん情報コラム「HER3抗体とニボルマブ(抗PD-1抗体)の併用で、免疫システムが活性化」

2019.11.29

がん情報コラム「ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)も胃がんで申請へ」

2019.11.26

がん情報コラム「がんに有効な化合物を特定」

2019.11.25

がん情報コラム「ニボルマブ(抗PD-1抗体)、イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)併用、大腸がんで申請」

2019.11.22

がん情報コラム「がんゲノム解析、AIで解析時間が半減」

がん免疫療法関連情報

プレシジョン・メディシンとは?

仕組みが異なる治療法を組み合わせてパワーアップ

がん治療における支持療法とは?

副作用をどう見極めるか

実用化が待たれる光免疫療法

がんワクチン療法の進化形 「ネオアンチゲンワクチン療法」

希少なメルケル細胞がんで承認されたアベルマブ

抗がん剤の効果はどのように判定するの?

T細胞、NK細胞などの力を活用する免疫細胞療法

抗PD-L1抗体薬の働きとは?

知っておきたい作用と副作用! 早めの対処が大切

がん遺伝子検査で何がわかるの?

がんを退治する免疫細胞たちのチームプレー

ニボルマブとイピリムマブは併用すると効果大!

ニボルマブでどんな効果が期待できる?

免疫のブレーキを外して、がんに立ち向かう

適応の範囲がどんどん広がるニボルマブ

がん治療 第4の柱、免疫療法のあゆみ

がん細胞の狡猾な戦略を打ち破れ!

当院では自身の血液を採取してリンパ球を活性化し治療を行う副作用が少ないがん療法を行っています。

「ニボルマブ(抗PD-1抗体)とイピリムマブ(抗CTLA-4抗体)には重篤な副作用が報告されています。これら副作用を小さく、かつ早期発見するために、当院では独自の少量投与法と事前採血検査を毎回行っていますが、万が一、副作用が発現した場合、当院では治療できません。紹介状を作成の上、他院へ紹介し、治療という形になります。以上の事項をすべてご同意・ご承諾いただいた方のみの治療となりますので、予めご了承ください。」

副作用発現時の対応につきまして:
ニボルマブ(抗PD-1抗体)とイピリムマブ(抗CTLA-4抗体) の副作用で重篤なのは間質性肺炎です。採血検査でKL-6高値例は、湘南メディカル記念病院で即CTを撮って、すりガラス陰影を確認し、他院に紹介します。副腎不全、甲状腺機能亢進低下は毎回の採血検査と紹介状で早期対応します。大腸炎については湘南メディカル記念病院の消化器内科専門医である春山先生にコンサルトし、必要あれば、大腸ファイバーをして診断・治療していただきます。その他、肝機能、腎機能、貧血、糖尿病を毎回採血検査で数値を診ていきます。

免疫治療なら湘南メディカルクリニックへご相談ください。

当院におけるニボルマブ(抗PD-1抗体)・イピリムマブ(抗CTLA-4抗体)副作用発現頻度

副作用当院統計小野薬品統計
間質性肺炎3/300例(1%)247/8077例(3%)
肝機能障害10/300例(3.3%)116/8077例(1.4%)
甲状腺機能低下症3/300例(1%)212/8077例(2.6%)
甲状腺機能亢進症1/300例(0.3%)106/8077例(1.3%)
副腎機能不全3/300例(1%)13/8077例(0.1%)
大腸炎5/300例(1.6%)21/8077例(0.2%)
下痢-167/8077例(2%)
発疹5/300例(1.6%)118/8077例(1.4%)
しびれ1/300例(0.3%)0/8077例(0%)
むくみ1/300例(0.3%)0/8077例(0%)

※小野薬品の8077症例とほぼ同等。

がん免疫療法(治療)の 湘南メディカルクリニック